仕事

美女と王様ゲームで大盛り上がりの花見が、まさかの展開で大乱闘に…

「去年の代々木公園での花見は、ノリノリになり過ぎました。おかげで彼女と大喧嘩に…」としゅんとなる人材派遣会社営業マン・井丸匠さん(仮名・35歳)。
地獄のお花見

写真はイメージです(以下同じ)

「しかも、別の男と取っ組み合いの大乱闘になりました」と続ける。夜の代々木公園で、一体何が起こったのか。

王様ゲームでノリノリになるも…

「桜が満開になった4月のある土曜日に、代々木公園でお花見を計画しました。知人、その知人と声を掛け、集まったのは50人。20代から40代の男女がずらりで、あっという間に盛り上がりました」  特に男性陣は、最初から飛ばし気味だった。酒が進むと踊ったり一芸を披露する者が続出し、大いに場を盛り上げた。 花見「酒が少なくなると、誰かが買ってくるので、どのくらい飲んだのかわかりません。かなり酔っぱらっていたと思います」  ふと気がつくと50人の大宴会の隣に、8人から10人ぐらいの女性だけのグループが花見をしていた。20代の可愛い女性たちばかりだったので、井丸さんは思わず「ジョイントしましょうよ!」と誘った。快諾した彼女たちが、井丸さんのグループに合流すると、周囲の男性らも大喜び。女性グループはOLやスポーツインストラクター、販売員など多種多彩だった。そのため男性たちは「新鮮!」とますます色めきたったという。 「そのうち王様ゲームが始まったんです。さらに盛り上がって、とんでもないことが起りました」  ノリノリで王様ゲームが始まると、いつしか負けたら相手の頬にチューすることになった。俄然張り切った男性たちは、我先にと目当ての女の子と対戦した。 「僕はショートカットのボーイッシュで目がくりくりした小柄で可愛い女子と対戦して、勝ったんです。好みのタイプだったので、『ヤッター!』と頬を突き出すと、柔らかな唇で頬をチュ。キスも愛らしいな~と思った瞬間、青ざめました。僕のカノジョと目が合ってしまったんです」 王様ゲーム
次のページ 
彼女の存在をすっかり忘れてた!
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事