恋愛・結婚

不倫された妻たちの衝撃告白。相手女性の上司に告げ口し…

 俳優・東出昌大(31歳)と女優・唐田えりか(22歳)の不倫。現在も報道は過熱するばかりだ。イメージの悪化に伴い、今後の仕事への影響は免れないだろう。また、東出は妻である女優・杏(33歳)との関係を修復することはできるのだろうか。
不倫

※画像はイメージです(以下同)

 不倫に手を出せば、家族や仕事はもちろん、将来までも……。これまで築き上げた大切なものを全て失ってしまう可能性がある。一般の世界ではどうだろうか。今回は不倫された経験のある2名の女性がその時の顛末を話してくれた。

不倫された妻…執念で慰謝料と養育費をガッポリ!

「私の元旦那は付き合っている頃から浮気や不倫癖がありました。ですので、結婚後に不倫されたときも呆れるばかりでしたね……」  こう話すのは、離婚歴がある佐藤真奈美さん(仮名・38歳)。彼は不倫をすると分かりやすい性格だった。離婚のきっかけとなった不倫でもすぐに見破ったという。 「まず、彼女ができると帰宅が遅くなるのは当たり前ですよね。そして夫婦の夜の生活もゼロになる。娘が当時5歳で育児にも必死でしたから、さすがに私もストレスが溜まっていました。私が不倫相手とのLINEのやり取りを発見して、離婚を決意しました」  彼が“出張”と言っていたはずの休日に不倫相手と旅行に行っていたり、“残業”だったはずの平日も会っていたことが発覚した。成長して大きくなる娘にとって、彼の行動が悪影響を与えかねないと思った。佐藤さんにとっても我慢の限界だった。 「離婚した後に2人の再婚が決まったことを知りました。悔しいですよね。特に不倫相手は何事もなかったかのように幸せを掴もうとしていたのですから」  佐藤さんの復讐はここからだった。 不倫「不倫相手は、元旦那の取引先の営業でした。彼の携帯には、彼女の上司である課長の電話番号が登録されていました。じつは、私の携帯にも念のため登録しておいたんです」  思い切ってその課長に電話をかけた佐藤さんは、2人の不倫関係を暴露したのだ。その後、不倫相手の会社で衝撃的な出来事が起こる――。  元旦那との結婚が決まった不倫相手は、職場に結婚報告した。しかし、会社からの祝電やお祝いは辞退するという。同僚たちは当然、怪訝に思った。そこに、課長が登場する。 「結婚するんだって?」 「彼って、たしか妻子持ちだよね?」  課長は、2人が不倫の末の略奪婚だったことをまわりにもバラしたのだ。不倫相手はさぞ気まずかったはずだが、こうして佐藤さんは溜飲を下げたという。 「2人から慰謝料と養育費をガッポリもらいましたよ。当然ですよね。5歳の子どもを残して再婚するなんて……。考えられません。不倫相手の会社は大手で、この騒動で辞めようと思ったみたいですけど、私への支払いがありますからね。辞めるに辞めれなかったようです。これだけ苦しめられたんだから、自業自得です」  裏切られた妻は、納得するまでとことん追い詰める執念があることを、2人は思い知らされたに違いない。
次のページ
夫の不倫相手から「旦那さんをください!」
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事