恋愛シーンでの(恥)セリフを試してみた!

【恋愛シーン編】

意中の人&恋人に言った
「下の口は正直だな」 「お前のためなら死ねる」


f100323_3.jpg
 (恥)セリフを頻発できるのが、恋愛シーン。まずは男性記者Mが、夜景の綺麗なバーに最近、気になっている女子(24歳・IT系)を誘い出し、ワイングラス片手に「君の瞳に乾杯!」。すると「お疲れさま~」と返され、しばらく気まずい雰囲気に……。さらに「今夜は帰さないよ」には、「ん? 何か言った?」と聞こえなかったフリをされる。めげずに「俺に惚れたらヤケドするぜ」と言うも、今度は「マジうける(笑)。大丈夫、絶対惚れないから!」と、あえなく玉砕!

 お次は同じく男性記者Tが、昼間、彼女と一緒に食事に行った際、「お前のためなら死ねる!」と唐突に言ってみたところ、間髪入れずに「じゃあ、死んで」。……いくら付き合っている期間が長いからって、「死んで」はないでしょうと、一瞬、耳を疑った。

 だったらベッドシーンでは、と愛撫で高揚しているのを見計らい、「何がほしいか言ってごらん」と聞いてみると、「え~、やだ」と枕で顔を隠しつつ、「お○んちん」と、かわいい一面も。

f100323_4.jpg
 調子に乗って、「下の口は正直だな」と下半身を触れば、彼女も気分が乗ってきたようで、「もっと言葉でいじめて」とのたまう始末。さらにテンションアップして、「このメス豚が!」と言うと、「豚はイヤ!」と素に戻ってしまった。

 では、女性から(恥)セリフを吐いた場合はどうなるのか?

 今度は女性記者Fが使い古された”殺し文句”に挑戦! まずは腐れ縁の男友達に、ビール一杯目で「酔っちゃった~」とつぶやくと「嘘つけ、もっと飲めるだろ」。めげずに「でも○○みたいな人が彼ならいいのに」と言うも「俺なんてダメだよ。こないだもさ~」とおのれのダメ話を延々30分。思わぬ災難に辟易しつつ、「今夜は帰りたくないな」と言うと「まだ飲むの? 俺、明日早いから」と露骨に嫌な顔をされる始末。全く同じセリフを出会って2回目の男性に投げかけると、お持ち帰りされそうになったのだが……。

 一方、マンネリ夫婦の場合――。結婚5年目でセックスレスのBさん(30歳)が、夜寝室に向かう夫に「なんかHな気分になっちゃった」と聞こえるように独りごちると、「今日は疲れたな」とまさかのスルー。「え、スルー?」と聞くと「俺だって勃起してるよ。でも疲れてるんだ」とそのまま寝室に消えていってしまった……。

 空振りした翌朝、「最近忙しそうだけど、仕事と私どっちが大事なの?」と挑発。夫、怪訝な顔で「そういうこと言う? 選ばないよ」。うわっ、やばい。

 そこで夜、関係修復に向け、夫が帰ってきたら「お帰りなさい。お風呂にする? ごはん? それとも私?」とかわいい声で。夫は疲労顔から一変、嬉しそうな笑顔で「ごはん、お風呂、私かな」。マジ!? だがお風呂の後、照れ隠しに久々の晩酌で飲み過すぎ、結局この日もナシ。後日、「久々に晩酌できたしマンネリにはいい刺激になった」と振り返るBさん。セリフの順番は絶妙だったね。

イラスト/清野とおる

― 「(恥)セリフ」マジで言ったらこうなった!【】 ―




おすすめ記事