仕事

「助けて下さい」と紙に書いて路上生活…コロナで仕事がない41歳の叫び


コロナ貧困の絶望

現在の小川さんの持ち物はこれがすべて。これらを2つのバッグに詰めた放浪生活。食事は一日1食も食べられない日が増えたという