恋愛・結婚

旅行客激減で…外国人向けバーが新出会いスポットになっていた

 コロナで自粛を余儀なくされていた男女の出会いも緊急事態宣言解除とともに活性化。出会いを求める発情女子が街に帰ってきた。「新しい日常」の中で生まれた新型出会いスポットの現場をルポする!
外国人向けバー

※写真はイメージです(以下同)

旅行客激減の外国人向けバーが新出会いスポット

▼大阪 心斎橋・梅田バー「B」 体験した人:Tさん(仮名)……大阪の飲食系企業勤務の30歳。留学経験もあり語学堪能。外国人美女でも物おじしない =====  長堀橋駅からほど近く、梅田にも店舗を持ち以前はインバウンドを狙った外国人向けバー「B」。常連客の飲食系企業勤務・Tさん(30歳)曰く「今や、大阪の出会いスポットの穴場になっている」のだとか。 「関西では出会える場所がメディアで紹介されると男性が殺到して、すぐナンパ禁止になってしまうんです。しかし、外国人向けバーはもともとナンパOK。旅行客が激減したので出会いを求めて飲みに来る日本人が急増しています。女性はOL、看護師、美容師などで、気軽に話しかけると向こうから『飲もう!』とノってきます」  ポイントはさりげなく話しかけること。関西はイケイケな男性客も多く、「みんな奢るよ!」と派手に声をかけることは揉める恐れもあるのでNGだと言う。 「皆、ライトな出会いを求めているので連絡先はLINEではなくインスタを聞くのがベター。関西のナンパは一度声をかけたらずっと話すのが常識で、女のコも情に厚いので、ガツガツ口説くよりもひたすら面白い会話をしていれば、自然な流れで……」  面白い会話と聞くと一気にハードルが高く感じてしまうが「外国人好きな女のコも多いので海外旅行の話をするとウケる」のだとか。 「成功率は80%くらいで、コロナ前はモデルの仕事で来日していたロシア人美女と。直近では菜々緒似の看護師のコとも……」  バーが盛り上がるのは21時頃。関西圏の諸君は訪れてみては? 外国人向けバー<取材・文/週刊SPA!編集部> ※週刊SPA!7月7日発売号の特集「夏の出会いスポット最前線」より
週刊SPA!7/14号(7/7発売)

表紙の人/ 大原優乃

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事