恋愛・結婚

コロナ下で変わる男女の出会いスポット。20代女性が集まるところは…

 コロナで自粛を余儀なくされていた男女の出会いも緊急事態宣言解除とともに活性化。「新しい日常」の中で生まれた新型出会いスポットの現場をルポする!
[夏の出会いスポット]最前線

※写真はイメージです

コロナ禍で女性の単独行動が活発化。20代女性が殺到中

~恵比寿・シングルスバー「S」~ ▼実践した人:ライターT……「清潔感がない」と連続5回フラれ続け、8年近く彼女がいない底辺を彷徨うアラフォー =====  恵比寿に6月にオープンしたばかりの、1対1限定のシングルスバー「S」が激アツだ。その理由を、若者の恋愛事情に詳しいライターのミクニシオリ氏はこう語る。 「このご時世、複数人で席を囲むのは感染リスクがあり怖いですが、ここは1対1だから安心。これまでひとりは恥ずかしいと敬遠していた女性が集まっているんです」  小雨の降る夜、記者は「S」に向かった。入り口で会員登録を済ませ、店内に案内される。女性は20分ごとの交代制で、相席中の連絡先交換はNG。気に入れば、相席終了後に男女ともに連絡先を書いたカードをスタッフ経由で渡すことができる。基本料金は飲み放題つきで10分800円だ。記者は10分1000円で完全個室になるVIP席を利用。自分好みの女性を案内してくれた。  ソファに腰かけていると、スタッフに案内されて入ってきたのは木村多江似のミズキさん(仮名・28歳)。白のふんわりワンピースと幸薄顔のミスマッチが妙にそそる。彼女は2回目の利用らしく「来月の誕生日をひとりで迎えるのは寂しくて。年上の男性が好みです」と、いきなりチャンス到来。  恵比寿男子を気取って店外の食事に誘うが、「いろいろな男性と話したい」とこのときは断られた。思わせぶりな発言に肩透かしをくらうが、相席終了後、なんと彼女の連絡先カードをスタッフからもらえた。  60分で3人の20代女性と相席し、連絡先交換はうち2人。ひとりとは後日デートに持ち込んだ。次回のデートで深い仲に誘ってみるつもりだ。
次のページ
自然と相席状態になる大人の横丁
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事