恋愛・結婚

必ずセックスレスになる結婚の法則

婚活中の男女に、肝に銘じていただきたい法則がある。
「焦り」から結婚すると、必ずと言っていいほどセックスレスになるというのだ。

セックスレス

セックスを義務にすると……

 婚活中の男女に話題の書『いつまでもメイクラブする方法』(扶桑社)には、この法則を裏付けるようなケースがいくつか紹介されている。

そのうちの1つ、直子さん(32歳)の例を紹介しよう。直子さんは2年前、40歳になっても月収10万円のフリーターの性的魅力のみに惹かれて結婚したという。彼女は当時の心境をこのように語る。

「彼って『俺、お金って嫌いなんだよね』とか言いながら、少ない収入の中からお洒落な革ジャンを買っちゃうようなタイプでした。私はお金に堅実なので、彼とは経済観念や生活に求めるものが大きく違っていた。話も合わなかったんです。だけど、彼のセックスって、すっごく、すっごくよかったんですよ! 初めてオーガズムを感じたのも彼とのセックスでした」

彼にお金の問題があると客観視できていたのに、それを見て見ぬふりするほどの快感を得ていたため、彼に執着するようになったという。

「でも、付き合って3年ほど経ってセックスレスになってしまったんです。そのくせ、ろくに働かない彼に対する不満も爆発しました。しかも、当時私は30歳。そろそろ子供を生まないとマズイという焦りがあったため、『結婚さえすれば、彼はちゃんと働くようになるし、セックスの問題も解決するんじゃないか』って思いこんじゃったんです

しかし、結婚後はかえって回数が減り、年に1回あるかないかという状態になったという。『いつまでもメイクラブする方法』の著者、荻原かおるさんは「結婚しているんだからとか、私が稼いでいるんだからといった理由で、“セックスして当然でしょ”という態度を取ると、男性は萎えます。焦りから結婚する前に、相手の抱えている課題を共に改善する気があるのか話し合えればよかったですね」と語っている。

焦って冷静な判断ができずに結婚すると、後々レスなどの問題を抱える可能性が非常に高くなる。婚活ブームに乗せられて、安易に相手を選ばないよう警鐘を鳴らしたい。 <取材・文/友部綾子 撮影/佃 大平>

いつまでもメイクラブする方法

結婚前読めば失敗しない!




おすすめ記事