ライフ

コロナ禍で進む「若者の東京離れ」「郊外が人気」報道が不快な人たち

テレワークが定着したおかげで田舎暮らしが実現可能

九十九里浜 一方で、そんな東京離れを歓迎する人たちもいる。堀口さんや佐藤さんにとっては「敵」とも言える考え方を披露するのは流通コンサルタント会社勤務・中島彩子さん(仮名・40代)。  コロナ禍を機に、すでに千葉県の九十九里方面に引っ越し、夫と子ども、愛犬とともにテレワークを生かした田舎暮らしを実践している。 「出身は岩手の田舎で、大学進学のために仕方なく東京に出ました。人は多いし家賃も高い、当時は水も美味しくなかったし、東京で生活すること自体が苦痛でした。社会人になって結婚し、やがて子どもが生まれると、東京都下のできるだけ緑が多いところに引っ越しました。しかし通勤地獄は変わらず。コロナをきっかけに夫と相談し、もっと田舎に越してきたのですが……最高ですね」(中島さん)  夫婦の趣味であるサーフィンやバーベキューを日常的に楽しみながら、仕事もこれまで通りに続けられる生活。それでも週に一度は都内へ通勤が必要だというが……。 「それすら苦痛ですよ(笑)。今は、決裁のためのハンコを押しに行っているようなもの。政府が進める“ハンコレス”になればどんなにいいか。都市機能移転など、どんどん進めるべきです」(同)  もはや前出の堀口さんのような人たちとの溝が埋まる気配はない、という様子である。

郊外人気で不動産バブル?

厚木 さて、先月発表された「コロナ禍での借りて住みたい街(駅)ランキング」(※LIFULL HOME’S)の首都圏版で神奈川県の郊外にある本厚木が1位の座に輝いたことで話題を呼んだ。テレワークの定着により、通勤などアクセス面の優先度が下がっていることをうかがわせる結果と言える。  厚木市内で小さな不動産屋を営む森尾晃さん(70代・仮名)は、さぞかし喜んでいるのではないかと思いきや……。 「昨年まで若い住人はどんどん都心に出て行くし、残されたのは年寄りばかり。もともと土地も家も余りまくっていたんだから……。大手さんや新興の勢いのある不動産会社が宣伝を頑張っているけどね。うちみたいな街の零細不動産屋には関係ねーわな」(森尾さん)  と、至って冷静だ。  とはいえ、コロナ禍は収束の兆しが見えず、もしも今後、勤める会社で完全テレワーク化が進めば、たしかに「憧れの田舎暮らし」は誰でも実現可能になってくる。  ここ数か月で「住まい」に対する考え方や「不動産」のあり方が大きく変わったのは事実だ。人々がより人間的な生活を送れるようになれば何よりなのだが……。<取材・文/森原ドンタコス>
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠