エンタメ

犬猫もYouTuberになる時代、ハスキー犬のASMR動画も…

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛により、ストレスの溜まりがちな日々が続いている。人と会う機会が減り、寂しさからペットでも飼いたいなと考える人も少なくないはずだ。そんな世情も相まってか、昨今は実際に飼わずとも、動画を通して最高の癒しを与えてくれる動物たちが主役のYouTubeチャンネルが注目を集めている。
Doug The Pug

画像は、Doug The Pug公式YouTubeチャンネル『Doug The Pug』より

 たくさんの動物たちがYoutuberとして活躍しており、動画の内容も日常を切り取ったほのぼの動画から餌を食べるASMR系、コスプレ犬のクスッと笑えるものまで多種多様だ。今回は、そんななかから定番の犬・猫チャンネルに焦点を当て、その魅力とともに紹介していく。

まさに動くぬいぐるみ! 韓国犬ポメラニアンのルディーとポンキ

 まずご紹介するのは、現在80万人以上のチャンネル登録者数を抱える人気YouTuber犬・ルディーとポンキのチャンネル『THE SOY RuPong house』だ。  このチャンネルでは、まるでぬいぐるみのようにキュートな白ポメラニアンの2匹の日常を垣間見ることができる。特に再生回数が多い動画は、「深い水の中に落とすフリをした時のワンちゃんの反応www」という動画で、飼い主らしき人物に、深い水に落とすようなそぶりを見せられながら、実際には浅いプールに落とされたという2匹の愛らしい反応が収録されたものだ。  ちなみに、このチャンネルは韓国の方が運営しているようだが、日本語の字幕もついているので言葉の壁は全く気にせずに動画を楽しむことができる。

飼い主を下僕にしてしまうほどの暴力的可愛さ『もちまる日記』のもち様

 お次にご紹介するのは、丸い瞳と愛らしい動きで視聴者を虜にし、グッズやカレンダーまで販売しているスコティッシュストレートの男の子・もちまるだ。  一挙手一投足がキュートすぎるもちまるは、“もち様”という愛称で呼ばれており、飼い主はその“下僕”を自称している。YouTuberの要であるキャラ立ちのほうもバッチリではないだろうか。  また、その愛称も伊達ではなく「初めて家にきた、生後50日の子猫が可愛すぎる」という初投稿の動画から、視聴者に「可愛すぎて涙が出るという経験を初めてした」とまで言わしめた実力の持ち主だ。飼い主とペットという主従関係を愛くるしさで逆転させてしまうほどの“もち様”を是非一度見てみてほしい。
次のページ
ハスキー犬のASMR動画
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事