ライフ

ファミコンカセット全1053タイトル収集のYouTuber、25万円で落札した品も

 先月、レトロゲームに関する動画をYouTubeで公開しているSOMARI(Twitter:@smr_an_fami)さんのツイートが反響を呼んだ。それは、これまでに発売されたファミコンカセット(以下。カセット)全1053タイトルを箱・説明書付きで集め、コンプリートしたというもので、現時点で8800いいね以上を獲得している。  今回はコレクションのコンプリートに20年と3ヶ月を費やしたというSOMARIさんに取材を敢行。収集の道のりなどについて伺った。

幼い頃に憧れだったファミコンを大人になってからコレクション

コレクション

SOMARIさんのコレクション(写真はSOMARIさん提供)

 1987年生まれのSOMARIさん。いわゆるファミコン世代ではないにも関わらず、カセットを収集し始めたきっかけは何だったのか。 「幼少期は家に唯一あったゲーム機の『スーパーファミコン』で遊ぶことが多かったんですが、あるとき友達の家で『ファミリーコンピュータ』(以下、ファミコン)をプレイして、強い憧れを抱くようになりました。  そして中学生のとき念願のファミコンを手に入れ、地元の中古ゲームショップで安価なカセットを買ううちに自然と収集癖がつきましたね(笑)」(SOMARIさん、以下同)  学生時代は友人にカセットを譲ってもらうことも多かったというSOMARIさん。本腰を入れて収集するようになってからは、ひたすら目当てのタイトル探して買い求めるようになったという。 「ゲームショップはもちろん、ネットオークションやフリマアプリ、通販も活用しました。また、2020年から収集過程をYouTubeで投稿し始めたところ、コレクターの方から探していたカセットを譲ってくださり、専門店で店員さんから『探していたら協力します』と声をかけてもらうようになりました」

百戦錬磨のコレクターが選ぶ、最レア&最高額カセットは?

けいさんゲーム

最も入手に苦労したという『けいさんゲーム』(写真はSOMARIさん提供)

 全1053タイトルのなかで、いちばん入手に苦労したカセットはどれなのか。 「レア過ぎたのは『けいさんゲーム』です。このシリーズは対象となる小学生の学年別に5本発売されており、なかでも『1年』と『5・6年』の2本には苦しめられました……」
次のページ
25万円のプレミア価格で落札したカセット
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事