牛丼界の老舗VS売上トップ ホントに旨いのはどっちだ

以前、鉄オタ同士の”内部抗争”の記事があったが、そういうマニアの派閥争いは鉄オタだけの話じゃない。てなわけで、ガンダムマニアから城マニアまでいろんなジャンルのマニア同士の論争を集めてみたら……。門外漢には理解不能な熱きバトルに震撼せよ!

【BATTLE9】牛丼マニア
吉野家派 VS すき家派

 創業111周年の老舗「吉野家」。片や店舗数、売上高ともに業界トップに立った「すき家」。

すき家派(以下、す) 「つまり、もう世間的な結論は出てるんですよ。キン肉マンだって吉野家のCMからすき家のCMに移ったし」

吉野家派(以下、吉) 「味では今も吉野家がダントツ。すき家の牛丼は、しょうゆ味が濃すぎでしょ。いろんなトッピングも肉の味をごまかしたいからじゃないの? 特に『高菜明太マヨ牛丼』なんて邪道の極み(失笑)」

 「それが”牛丼界の革命児”の開拓精神。昔あった『きんぴら牛丼』とかは激ウマだったし。つーか吉野家の牛丼は甘みが強すぎ。甘さで肉の質が落ちたのをごまかしてるんじゃない?

 「何言ってんの!? 狂牛病騒ぎのときは牛丼販売中止するくらい品質にはこだわってる。メニューがシンプルなのも『うまい、やすい、はやい』へのこだわりですよ」

 「でも、客はメニューが豊富なすき家に流れてる。テーブル席のおかげで女連れでも入りやすいし」

 「牛丼は漢メシなの! そういう発想からして邪道なんだよ!!」

― マニア同士の[ミクロな論争]10番勝負【9】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事