伊達政宗派 VS 石田三成派 戦国武将をめぐる女同士の戦い

以前、鉄オタ同士の”内部抗争”の記事があったが、そういうマニアの派閥争いは鉄オタだけの話じゃない。てなわけで、ガンダムマニアから城マニアまでいろんなジャンルのマニア同士の論争を集めてみたら……。門外漢には理解不能な熱きバトルに震撼せよ!

【BATTLE7】戦国武将マニア
伊達政宗派 VS 石田三成派

◆伊達政宗派
隻眼がクールだし初日の出暴走しちゃうヤンキーみたいでかわいい

◆石田三成派
「お前は無能だ」って部下をなじる性格の悪さが人間くさくて好き♪

 関ヶ原の戦いでは東軍、西軍に分かれ対立していた伊達政宗と石田三成だが、戦国武将マニアな女子たち、いわゆる”歴女”の間でもファン同士が対立しているという。そこで政宗派と三成派、2人ずつの歴女を招き、座談会を開催。

100413_07.jpg
政宗派A 「新しいもの好きでチャレンジ精神旺盛なところが魅力。タバコもいち早く嗜んでたしね」

政宗派B 「私は単純にルックス萌えで、隻眼の男が大好きなの。あと『戦国BASARA』(歴女に人気のアクションゲーム)では『クールに行こうぜ』とかの決めゼリフがあるんだけど、それが何だか”初日の出暴走しちゃうヤンキー”みたいなイメージでかわいい♪」

三成派C 「でも政宗は一人じゃ何もできない子じゃ~ん(笑)。結局、徳川家康に従属してるし、”長い物には巻かれろ”っていう生き方が嫌。戦国武将なのに70歳まで生きて大往生ってのもどうなの?

三成派D 「その点、三成は信念を貫いて、秀吉亡き後も遺志をちゃんと継いでるからね。それでいて部下の加藤清正とかを『お前は無能だ』ってこきおろしたりして、とにかく性格が悪い。で、そのせいで関ヶ原ではどんどん裏切られてく。そういう人望がないところが人間くさくていいのよね(笑)

三成派C 「そうそう! どこか憎めないよね。直江兼続みたいに”愛”だの”義”だのキレイごとばかり言う人間より、よっぽどいい!」

政宗派A 「人望ないって相当ダメ男じゃん。三成が人心掌握術に長けてたら、関ヶ原も勝ててたのに

三成派D 「でも三成も本当は優しいところあるんだよ。農民を助けるために税を軽くしたり、キリシタン討伐を命じられても、できる限り彼らを擁護してあげたりね」


三成派C 「不良が子犬を助ける的な(笑)。そこが萌える。弱いものには優しい三成は大物だよね。そこいくと政宗は、しょせんは地方議員程度の器って感じかな(笑)

政宗派B 「いい意味で受け取っておくわ。確かに政宗は地方議員ばりに地元を大事にしてたから」

三成派D 「しかし何で政宗は狸ジジイ(家康)についちゃったかね」

政宗派A 「100万石もらう約束だったのに全然くれないし(苦笑)」

政宗派B 「家康の言葉は全部嘘!」

三成派C 「とりあえず”家康には萌えない”ってのは満場一致だね」

イラスト/カネシゲタカシ

― マニア同士の[ミクロな論争]10番勝負【7】 ―




おすすめ記事