ライフ

酒にうるさい「俺の夜」記者が驚愕!? 「まさにレモンサワー」なノンアル新商品とは?

サントリースピリッツ

 コロナ禍でテレワークが増えたこともあり、家でおいしいお酒とつまみで英気を養うという人も多いだろう。そんななかで、家でお酒をよく飲む30~40代男性サラリーマンへ日刊SPA!が独自に行ったこんなアンケート調査の結果を見てほしい。  家飲みが好きとは言え、休肝日をつくろうという意識がある人が60%以上。テレワークで家飲みが増えたせいか、翌日の仕事に差し障りがあるからかその理由はさまざまだろうが、さすが日々仕事を抱えて働くサラリーマン、お酒とは上手につきあっていることがよくわかる。  休肝日を設けたい動機は人それぞれだが、夜飯の満足度を高めるためにお酒特有の飲みごたえ、爽快感が欠かせないという人にとって期待したいのは、ここ10年で市場規模が4倍以上に伸長したノンアルコール飲料。皆、お酒を飲めない夜の代替品として活用しているのかと思いきや、「ノンアルコールチューハイ」の味わいに対しては満足できていないサラリーマンがいるようだ…。  先ほどと同様、酒好きサラリーマンへ「ノンアルコールチューハイのイメージ」を聞いたアンケートでは、「ノンアルチューハイは甘ったるいイメージ。食事には合わない」(40歳・IT)、「ジュースと何が違うの? だったら、水飲んでたほうがまし」(44歳・医療事務)、「ビール党ならノンアルでもいけるだろうけど、レモンサワー党の自分には納得のいくノンアルがない」(35歳・外食)など、「ノンアルチューハイの味には期待できない」というのが酒好きにとっての「あるある」のようだ。

「ノンアルコールチューハイの味わいには期待できない」そんなレモンサワー党に朗報!

 しかし、そんな味にはうるさいレモンサワー党の諸兄にぜひ注目してほしいニュースがある。晩酌にぴったり合うノンアルコールチューハイ、その名も「のんある晩酌 レモンサワー ノンアルコール」が新しく登場したというから、これは見逃せない。  「お酒の味わいそのまま」というが、実際にどんな味がするのだろうか。SPA!が誇る(!?)、酔いどれ精鋭部隊こと「俺の夜」のテポドン記者(44歳)、マエザワ記者(34歳)に実際に飲んでもらい、忌憚のない意見を述べてもらうことにした。

酒にはうるさい「俺の夜」記者。試飲前のイメージは…

「のんある晩酌」をいぶかしげに見つめる両記者

 試飲の場に現れた記者二人は、どこか憮然とした面持ちでこう呟く。 テポドン:梅酒サワーのノンアルコールとか、ジムのあとに飲むことはあるけど、やっぱり甘すぎるんだよね。飯と一緒に一杯やるのは気が進まんな。 マエザワ:ノンアルコールのレモンサワーって、要はレモンスカッシュのことっスよね。最近運動不足で体重気にしてるんで、ジュースはちょっと…。 テポドン:それにノンアルコールチューハイって、酒特有の味わいが足りないんだよ。だからつまみにも合わない。 マエザワ:そうなると、やっぱりなかなか選択肢に入ってこないっスよね。  「ノンアルコールチューハイは甘い」「晩飯に合わない」という先入観は、酒席が主な“仕事場”である二人も同様。「結局満足できなくて、普通のお酒飲みたくなっちゃうんだよな。入稿残ってるのに…」と文句を垂れながら、半信半疑のまま「のんある晩酌」を手に取った二人だったが…。

記者も驚く「甘くない、まさにレモンサワーの味」

 ところが口にした途端「おっ?」と目の色が変わる。「いけるよ、コレ。うん、甘くない」(テポドン)、「えっ。ホントにノンアルコールですか? 喉ごしもいいし、本格的なレモンサワーの感じが味わえますね」(マエザワ)と、プハーッと息を吐きつつ、驚きの第一声をあげた。

「ノンアルチューハイは甘い」という先入観を覆されたテポドン記者

マエザワ記者も爽やかな喉ごしに思わずニッコリ

テポドン:俺はレモンサワー党なんだけどさ、個人的にレモンサワーって大きく分けて2つあるんだよ。甘さを焼酎の味で中和させたタイプと、チューハイにレモンスライスを入れた本格的なタイプ。この商品は後者だね。味付けの濃いもつ煮や、脂っこい食べ物と一緒に飲むとサイコーじゃないかな。 マエザワ:炭酸の量はほどよいのに、喉にカッとくる感じがいいッスね。酸味もあるから、おつまみにも合いそう。 テポドン:そう、酸味だよ。喉ごしだけ味わいたいなら炭酸水でもいいんだけど、レモンサワーがつまみに合うのはレモンの酸味がつまみの味を引き立てるからなんだよ。 マエザワ:不思議なことに焼酎っぽい味もしますしね。僕なら唐揚げとかギョーザで一杯やりたいかなあ。ちょっと近くのコンビニまでおつまみ買いに行きませんか。 テポドン:いいねえ。今どきのコンビニのチルドは居酒屋メニューも豊富だし、せっかくだから「のんある晩酌」に合うつまみをピックアップしてみよっか。

コンビニつまみとの相性も抜群

記者がオススメする「のんある晩酌」にぴったりのコンビニつまみ

 カリカリと働く同僚たちを横目に、「のんある晩酌」片手にコンビニグルメに舌鼓を打つ二人。数ある商品の中から「これは合う」と選んだ私的ベスト3が「桜チップで薫製したうずらたまご」「3種の味噌を使った国産豚もつ煮込み」「やげん軟骨焼 七味唐辛子」の3品だ。  ノンアルコールでもお酒のつまみはおいしく味わえる。ノンアルコールでも自宅で酒場の雰囲気を堪能できる。そんな「のんある晩酌」に合うアナタだけの“肴”を見つけてほしい。

発売前の調査では、レモンサワー好きの95.2%が「ホントにノンアルコール?」

 「俺の夜」の記者二人が「ホントにノンアル?」と驚いたのも無理はない。サントリーが208名に対して行った発売前の調査では、「ノンアルコール」という点を伏せてこの商品を飲んでもらったところ、なんとレモンサワー好きの95.2%がノンアルコールだと気づかなかったという。 また、飲んだ前後でノンアルコールチューハイのイメージ・印象が変わったかという設問に対しても、87.5%が「ノンアルコールチューハイのイメージが変わった」と回答したそうだ。  ノンアルコールなのに本格的なレモンサワーの味を再現できた理由は、サントリー初の2つの独自技術によるもの。レモンの皮に多く含まれているオイル(香気成分)を微細化することで香り成分を製品中に配合した「レモン封じ込め技術」、香り高いメーカー独自の焼酎を使い、極力熱をかけずにアルコール分だけを取り除くことで、焼酎由来のうまみが凝縮された焼酎エキス(ノンアルコール)を開発した「焼酎旨味凝縮技術」の2つだ。  ノンアルコールで実現した“本格的なレモンサワー”の味わい。実際に飲んで、その驚きを体験してほしい。

『のんある晩酌 レモンサワー ノンアルコール』容量:350㎖ 希望小売価格(税抜き):122円 発売期間:2021年3月2日(火)より全国発売

◆「のんある晩酌 レモンサワー ノンアルコール」ブランドサイト https://www.suntory.co.jp/rtd/banshaku/ ◆お客様センター https://www.suntory.co.jp/customer/ *食品表示基準による これはお酒ではありません。当商品は20歳以上の方の飲用を想定して開発しました。 のんだあとはリサイクル。 【ノンアルコール】【果汁1%】 <提供/サントリースピリッツ>
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事