ライフ

ゴルフ用ジャンパーを「おじさんっぽく」ならないように着回す方法

オーバーサイズの子供っぽさを素材でカバー

MBのヘビーユース180 ただし、スイングトップは古着でもよく見かけるし、’60~’70年代のトレンドを引きずったおじさんがよく着用しているため、どこか「古い」イメージも。そこで、今年選ぶならこんなオーバーサイズのものがおすすめ。  JUHA(ユハ)のスイングトップは肩回りをかなり広く取り、現代風のオーバースリーブのシルエットに。着丈は短めなのでダボダボとだらしない印象はなく、ほどよいリラックス感へと昇華しています。  また、素材はトレンチコートなどで使われる玉虫色に輝く上質なシャンブレーツイル素材。スイングトップは厚手のコットンで作られることがほとんどですが、こちらは光沢のある美しいウール。オーバーサイズの子供っぽさを素材の上質さでカバーしてくれます。

おじさんっぽくならないために…

 海外スナップなどを見てスイングトップに憧れるものの、どうもおじさんや作業員のようになってしまう、なんて人は多いはず。  少しのトレンド感と上質な素材を意識するだけで、ずいぶんコーディネートがしやすくなります。細身のパンツでシックにまとめてもいいし、ワイドパンツでより今っぽくスタイリングするのもいい。  秋冬のイメージが強い重苦しいロングコートはもうしまって、ショート丈の春向けブルゾンに衣替えしてはいかがでしょう。  今年の春からトレンドは着丈短めに変化しつつあります。試してみてください。 商品、衣装/すべて私物 撮影/林 紘輝(商品) 岡戸雅樹(人物)
MB
ファッションバイヤー。最新刊『MBの偏愛ブランド図鑑』のほか、『最速でおしゃれに見せる方法 <実践編>』『最速でおしゃれに見せる方法』『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』など関連書籍が累計200万部を突破。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」、ユーチューブ「MBチャンネル」も話題に。年間の被服費は1000万円超! (Twitterアカウント:@MBKnowerMag

MBの偏愛ブランド図鑑

今着るべきブランド60の歴史や特色を、自身が愛用する品とともに徹底紹介


最速でおしゃれに見せる方法 <実践編>

ユニクロやGUでもおしゃれな人は何が違うのか?

試し読みはこちら
幸服論――人生は服で簡単に変えられる

自信は服で簡単につくることができる!

●『幸服論』の一部がcakesにて無料で読める!https://cakes.mu/posts/19687


最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版。電子版特典として、MBのコーディネート・80スタイルを追加収録!

1
2
【今週の掘り出し物】
MBのヘビーユース1802万円少々でスーツを制作しました! 本格的な段返り3Bスーツ。いい出来です。
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白