ライフ

「眠りが浅い気がする」は黄色信号。ほっとくと怖い“不眠のループ”とは

エスエス製薬

現代人の約7割が抱える睡眠トラブル、その内容は?

不眠  仕事に追われて残業続き。疲れた目をこすりながら、ついつい夜遅くまでネットを見たり晩酌をしたりして、気づけば今日も十分な睡眠時間を確保できなかったーーそんな睡眠への不満・悩みは現代人にとってつきものだ。30〜50代の男女200人(男性116人、女性84人)に対して行ったQ1のアンケート結果を見ても、程度の差こそあれ、実に7割以上が睡眠について悩みや不満をもっていることがわかった。 不眠 具体的にどんな悩みや不満を持っているのかを聞いたQ2の結果は以下のとおり。 不眠  上位に並んだ「眠りが浅い、浅い気がする」(75人)、「寝ても疲れがとれない」(69人)、「夜中に目がさめることがある」(65人)、「朝スッキリと起きられない」(46人)などを見てもわかるとおり、睡眠時間を確保して眠りについたはいいが「なんだか熟睡できた気がしない」と、漠然とした不満を感じていることがわかった。 不眠

一時的な不眠症状が引き起こす深刻トラブル。対処法は?

 全然眠れないわけじゃないが、十分に寝た気がしない…。なんともモヤッとした睡眠についての悩み。一般的に専門医への受診が必要となる不眠症というほどではないかもしれないが、「アンケート回答の上位にあるのは“一時的な不眠症状”。心身の健康が損なわれ、日中のパフォーマンスの低下にも繋がります」と警鐘を鳴らすのは、睡眠改善薬としておなじみのドリエル(第②類医薬品)を医学的・科学的な面からサポートする、エスエス製薬の原英行氏。
不眠

エスエス製薬の原英行氏

「質の良い睡眠とは、睡眠時間を8時間とれば大丈夫ということではなく、翌朝目覚めたときに『よく寝た』『すっきりした』と感じられることで、逆に、ここ最近『寝足りない』『日中に眠気がある』『夜に目が覚めてしまう』と感じる場合はすべて“一時的な不眠症状”と考えられます。常態化するとうつ病などの精神的不調や血圧上昇、糖尿病などの身体的な不調を引き起こします」  自助努力でできる不眠対策は厚生労働省が発表する「健康づくりのための睡眠指針2014〜睡眠12箇条〜」に詳しいという。短期的には寝室の温湿度を整えたり、寝る前のストレッチ運動、アロマの香りやヒーリング音楽をかけるなど、物理的な環境を変えることがその一例。しかし、就寝前の飲酒、コーヒーなどのカフェインの摂取、夜更かしや就寝前のスマホの使用など、一時的な不眠症状を招く日頃の生活習慣を変えることは一朝一夕にできることではない。そして何より気をつけていただきたいのが、一時的な不眠症状が招く、日中のパフォーマンスの低下やストレスの蓄積がさらなる不眠に繋がること、すなわち“不眠のループ”に陥ることなのだ。 「“不眠のループ”に陥ると、その原因を除くことができない限り、脱するのは容易ではなくなります。自助努力で解決することもありますが、解決できなかった場合、自分自身の責任とすることで心に負担を感じてしまい、さらに状況が悪化する可能性も否定できません。そんな悪循環から抜け出すために、睡眠改善薬を服用することで、質の良い睡眠サイクルを取り戻すきっかけを作ることもできます」
不眠

出典:エスエス製薬 ドリエルブランドサイト

睡眠について少しでも気になる人は
ドリエルのページをチェック

いい目覚めはいい眠りから。「ドリエル」で睡眠習慣を取り戻そう

 不眠対策の自助努力と並行して、良い睡眠サイクルを取り戻したい人にオススメするのが睡眠改善薬「ドリエル。寝つきが悪い、眠りが浅いといった一時的な不眠による症状を緩和してくれ、質の良い睡眠習慣を取り戻すきっかけとなることが期待できる医薬品だ。  しかし、睡眠改善薬と聞くと「一度飲み始めると常用してしまい、服用しないと眠れなくなるのではないか?」など怖いイメージを持つ人もいるかもしれない。しかしドリエルのような「睡眠改善薬」は、一般的に怖いイメージのある「睡眠薬」や「睡眠導入剤」とは異なるものである。 「医師の処方が必要な睡眠薬、睡眠導入剤は“慢性的な不眠症状”に使用するものです。一方でドリエルのような睡眠改善薬は“一時的な不眠症状”を緩和するもので、穏やかに自然に近い眠りに導く効果が期待できます。具体的には、かぜ薬や鼻炎薬などに含まれるジフェンヒドラミン塩酸塩という第一世代の抗ヒスタミン薬が成分です。第一世代の抗ヒスタミン薬は服用すると眠くなるといった副作用が知られていますが、睡眠改善薬はその副作用を逆に利用したOTC医薬品です。ジフェンヒドラミン塩酸塩は習慣性が報告されていませんので薬物依存が生じる可能性は低いです」 不眠  では、昨今よく目にする睡眠対策サプリ(機能性表示食品)との違いはどうだろうか。  睡眠対策サプリは不眠症状の改善を目的としたものではなく、あくまで「健康の維持及び増進に期待できることを目的とした“食品”」である。それに対し、睡眠改善薬のドリエルは「寝つきが悪い、眠りが浅いといった一時的な不眠症状」に対する緩和の効果、すなわち「睡眠改善の効果が認められている“医薬品”」ということになる。    つまり“不眠のループ”に陥っているのでは?と気になる人は、睡眠改善薬のドリエルが寝つきを良くしてくれることで、良い睡眠習慣を取り戻すきっかけをつかめるかもしれない、ということを覚えておいてほしい。 不眠

いい眠りでいい目覚めを迎えたい人は
ドリエルのページをチェック

 また、効果を実感するために、エスエス製薬が開発したiOSアプリ「ぐっすり~ニャ」など、自分の睡眠状態を把握できるスマホアプリと合わせて使用するのもいいだろう。  いい目覚めはいい眠りから。質のいい睡眠で心と身体の回復をはかり、毎日のパフォーマンスを改善しよう。 不眠 <提供/エスエス製薬>
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白