デジタル

ひろゆき「反則技かもしれないけど、間違いではない方法を思いついちゃう人が好き」

 倉敷市の古城池高校で開催された『生卵を3階から割らずに落とす』コンテストがネット上で話題だ。 山陽新聞 このコンテストで使用できるのは、「A3の模造紙1枚」と「1mのセロハンテープ」のみ。コンテストは発想力を育む目的で企画されたようで、ネット上には「発想が面白い」などの数多くのコメントが溢れた。  そんな教育をひろゆき氏は、<学校の授業ではあまり教えてえないことに『現実に起こる問題の解決能力』ってのがあります。簡単にいうと、答えのないところから、答えっぽいものを見つけ出す能力のこと>として、4/3発売の『週刊SPA!』に執筆している。  まともに考えれば、紙でパラシュートやクッションを作るなど理系的な方向で物を考えるのだが、ひろゆき氏は、<紙で長い紐を作ってひもで卵を巻いて降ろすなどルールの隙を突いて、“反則技かもしれないけど、間違いではない方法”を思いついちゃう人が好き>だという。  また、このコンテストに対し、ネット上では「なぜ学校では、こういう授業をしないんだろう?」という声もあるが、成績に直結するわけでもない人生で正解のない問題を解く機会がないなら、いろんな答えのある勉強をしなくてもいいとし、受験合格を目的とした現代教育では必要ないとも。  しかし、<人と関わる機会が多い仕事の人は、現実での問題解決能力が必要である>とも語っており、連載では、その能力の鍛え方を綴っている。 <文/週刊SPA!編集部> 西村博之(にしむらひろゆき)’76年、神奈川県生まれ。フランス在住、たまに日本。2ちゃんねる・ニコニコの元管理人で、英語圏最大の掲示板サイト『4chan』現管理人。SPA!誌面にて11年間にわたり「ネット炎上観察記」を連載。近著に『自分は自分、バカはバカ』(SBクリエイティブ)など
週刊SPA!4/10・17合併号(4/3発売)

表紙の人/中畑清

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事