恋愛・結婚

モテない男性に共通する“清潔感のなさ”の正体。「イケメンかブサメンか」は関係ない

マイナスをゼロにすることが大切

 ここからさらにステップアップしたところに、ようやく「自分磨き」の要素が入ってきます。一朝一夕には対応できない部分ですね。「見た目で判断されたくないからやる必要がない」なんて、そんなこと思おうが思わなかろうが、判断されてしまうことには抗いようがありません。というより、目的のために努力を厭うような人は内面でも愛想を尽かされるのが関の山です。  具体的には、マイナスをゼロにすることが大切です。肥満傾向にあるのならダイエット。頭髪の薄さが気になるならAGA治療や植毛。体毛の濃さが気になるなら脱毛。ワキガなら手術。ファッションセンスに自信がないならプロの指導を受けるなど……。  こうしたことを積み上げて、「生理的に無理」「カッコ悪い」と評価されてしまわない地点を目指すのです。別にイケメンになれと無理難題を言っているのではありません。見た目が変われば自信もつく。自信がついたら振る舞いもおのずと変わる。だから「清潔感」を手に入れることが、恋愛・婚活いずれの場合においても決して飛ばすことのできない、すごく重要な最初の一歩なんです。  まずは先ほどのリスト15個を暗記するつもりで、ノートに書き出してみたり、目につくところに貼り出すことからはじめてみてください。「やり方がわからない」なら調べて、「できているか自信がない」なら周囲の人に聞いたりプロに意見を請いましょう。とにかくひとつずつ、実行あるのみです! <TEXT/結婚相談所マリーミー代表 植草美幸>
結婚相談所マリーミー代表取締役、恋愛・婚活アドバイザー。 1995年にアパレル業界に特化した人材派遣会社エムエスピーを創業。そこで培ったマッチング能力・人材発掘力を生かし、2009年に結婚相談所マリーミーを設立。日々カウンセリングを行いながら、セミナーの開催、テレビやラジオへの出演など幅広く活動中。著書に『ワガママな女におなりなさい 「婚活の壁」に効く秘密のアドバイス』(講談社)、『モテ理論』(PHP文庫)など
1
2
3
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート
ハッシュタグ