恋愛・結婚

結婚式に新郎の元「浮気相手」が出席。新婦の“仕返し”で地獄絵図に…――大反響トップ10

反響の大きかった2023年の記事を厳選、ジャンル別にトップ10を発表してきた。今回は該当ジャンルがなかったが実は大人気だった記事を紹介する!(集計期間は2023年1月~10月まで。初公開2023年6月13日 記事は取材時の状況です)  *  *  *  6月といえば「ジューンブライド」。“6月に結婚すると幸せになれる”との言い伝えがある。夫婦になる2人にとって結婚式は人生の晴れ舞台だが、ときには漫画やドラマさながらの“地獄絵図”と化すことも……。

大学の仲良しグループ内で三角関係に

ブーケ

※写真はイメージです。以下同

 大学を卒業して数年後、和田友美さん(仮名・20代)のもとに友人A子から結婚式の招待状が届いた。 「学生時代は同じ学部・学科の気の合う5人グループで過ごすことが多く、A子はそのうちの一人です」  A子には、当時から付き合っている彼氏がいた。その相手と遂に結婚するというが、気がかりな点がなくもなかった。じつは、同じグループ内でひと悶着あったからだ。 「大学4年生のときに、その彼氏の浮気が発覚したんです。ただ、浮気相手は同じグループのB美だったんです。彼がLINEの送信を間違えたことから発覚したそうなんですが、A子はボロボロになっていましたね。  B美はA子の彼を好きになってしまったようですが、彼にとっては遊びだったらしく、B美はフラれました。A子と彼は、ギリギリ別れずに続いた感じです」  そんな出来事があってから、グループの関係性は一時ギクシャクしていたと振り返る。

結婚式にマナー違反の“白”ワンピースで登場

 その後は社会人になり、学生時代のことなどすっかり忘れていたという。だが、結婚式当日を迎えて、いっきに記憶がよみがえったそうだ。和田さんは、B美の姿を見て驚いた。 「彼女は、“花嫁の色”としてマナー違反とされている“白”のワンピースで登場したんです。当時を知る私たちは嫌な予感がしたのですが、このおめでたい席で何事も起こらないことを祈るばかりでした。  そのまま挙式が終了し、参列者は庭に移動しました。そこで“ブーケトス”が行われるのかと思ったのですが、司会から『夫婦2人がお世話になった大切な友達に、ブーケをプレゼントしたいとのことです!』というアナウンスがあって……」
次のページ
新郎の元「浮気相手」に“仕返し”
1
2
3
おすすめ記事