ハメ撮り相手を会って決める!? 過酷なOL副業

OA機器メーカー+個人撮影モデル
【case.5】好きな時間に働けるが、相場下落で稼げない

三島クルミさん(仮名・28歳)

 元コスプレイヤーの友人が「個人撮影モデルは儲かるよ」と言うのを聞いたのが3年前。不況で副業モデルデビューしたら、そこは「稼げないOLたちの荒野」だったという

:月収22万円
:月収6万円~
バイト時間:約15時間

 昨年末、会社の役員が社員を集めて「すまんが、冬季賞与は払えない」と言った瞬間、頭に浮かんだのは一括払いのローンのこと。そして、友人から聞いていた「個人撮影モデル」のバイトを思い出し、働くことにしたのだが、クルミさんが聞いた内容とは全く違う現実が待っていた。

「最初は1時間2万円~という個人撮影業者に登録しようと思って面接を受けたら、ネット販売限定のAVプロダクションで、がっかり。脱ぐのは嫌だったので、フリーで募集できる掲示板を見つけてカメラマンさんを募集したんだけど、相場がスゴいことになっていたんです」

 その相場とは、着衣モデルで時給2000円、脱いでも高くて1万円。友人からは撮影一回で3万~4万円にはなると聞いていただけに、絶望したという。

「出会ったカメラマンさんが言うには、プロダクション所属のモデルは増えてないんだけど、フリーのモデルが激増。しかも『お金は要らないからキレイに撮って』みたいなコが増えて、カメラマンさんも不況だから、そっちに流れる人が多いんだって。それで相場がおかしくなった。着衣だと『コスプレできないの~』って言われるし、でも初対面の人とホテルで脱ぎ撮影とかはあり得ない。だから、あんまり稼げないんです」

 結局、クルミさんが選んだのは「援交系モデル」の道だった。「安くていいから着エロ系で撮影してくれるカメラマンさんを募集して、実際に会って撮影するなかで、”大丈夫な人”かどうかを見極めるんです。出会い系の男よりがっつかない人が多いから、比較的安心。交渉して、いざエッチの撮影(ハメ撮り)の関係までいける人は月に1人。合わせて5万~6万円ぐらいの副収入になります」

 本業で残業のない月初めを中心に、掲示板に空いている日時を書き込み。仕事のスーツ姿のままで行くと「OLコスですか?」と言われることもあるが、リアルOLですと答えると「最近多いんだよね」と返されるのだとか。

「正直、割には合わない。でも、比較的安全で自分の都合で動けるからOL向き。でも撮られて嬉しい人じゃないと、続けるのは無理かな。私はそろそろ無理っぽい」

100713_BK1_04.jpg
着衣で撮影だと時給2000円なんです
OLらしからぬラメラメのメイク道具を持っているクルミさん。
自宅はコスプレ衣装でいっぱいだ


― 20代OL[(裏)ダブルワーク]の実態【6】 ―




おすすめ記事