恋愛・結婚

24歳派遣OL「私が思わずヤラれたお店」

 1994年、『東京いい店やれる店』という書籍がヒットし、数多の男たちのバイブルとなった。あれから18年、6/5発売の週刊SPA!「東京いい店ヤラれた店20」では、男性側の「ヤッた」という証言を排除。女性側の「ヤラれた」という証言のみを徹底取材した。日刊SPA!では、その中の1店を紹介したい。

◆A奈さん(24歳・メーカー派遣)の証言と再現写真

 派遣先の5歳上の先輩に、「前にダーツ練習したいって言ってたよね。仕事終わりに行っとく?」と軽い感じで誘われたのが、武蔵小山のこのお店。

 専用の階段を上ると、私好みのアジアンテイストのインテリア。舞いあがる私に「ここのカクテルは何でもおいしいよ」と先輩。ならばとトロピカルなカクテルを注文しました。カウンターには知恵の輪がさりげなく置いてあって、カチャカチャやってるうちにドはまりしちゃて……。思えば、そこで熱くなって、かなりお酒を飲んでしまったんですよね。

思わずヤラれたお店

ORIENTAL FLAVOR/ダーツのある店内奥の個室は幅1m、奥行き3mと細長く自然に密着状態に。赤い壁が女子を興奮状態にさせる効果も!?

 ある程度、お料理もすすんだ頃、「そろそろダーツの練習でもしようか。初心者だから、人前で練習するのは恥ずかしいでしょ?」と店内奥の個室に誘われた私。その部屋が異様に細長くて、靴をぬいで個室にあがると、2人の距離が自然に急接近するんですよね。

「投げるとき、上半身が反りすぎてるよ」なんてアドバイスをしつつ、私の背後に回る先輩。ソフトにボディタッチされた流れで、「上を向いて」と言われ、何も疑問に思わず上を向いた瞬間、後ろから強く抱きしめられて突然のキス。それで火がついちゃいました(笑)。

 その後、飛び乗ったタクシーの中で何度も濃厚なキスを交わし、火照った体のまま目黒通り沿いのお洒落なホテルへ直行。部屋に入るや否やベッドに倒れ込み、最後まで……。お互いに欲望が先走っての関係だったので、お付き合いに至るもすぐに別れてしまいましたが、その夜のことはいい思い出です☆ <取材・文・撮影/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!6/12号(6/5発売)

表紙の人/T-ARA

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事