R-30

ド底辺企業の社内恋愛がバカすぎる!

職場がギスギスしている、ノルマがキツすぎる、労働法規がまったく守られないといった「ブラック企業」が何かと話題になっている。だが、そんなブラック企業の斜め上をいく、「ド底辺企業」なるものをご存知だろうか? モラルハザードなどという言葉すら高尚に思えるバカが社員として、ときには経営者として働いているという「底が抜けてしまった」感のある会社のことを指す。そんな「ド底辺企業」の実態に迫った!!

◆不倫、社内セックス、セクハラetc. エロ系モラル破綻会社には男もうんざり

社内恋愛 社内不倫や愛人づくりなどは、普通の企業でもよくある話だろう。だが、ド底辺企業ともなれば、そのエロ度も底抜けのようだ。

「ウチの社長と部長は、『どちらが多く社内の女子社員を食えるか』を競い合う。若い女子社員が入ると、社長と部長の間で『先にオトせるのはどちらか』を賭けて喜んでいる姿が痛い」(飲食・30歳)

 ちなみに、両者が食った人数は十数人以上。オトしたあとは、そのセックスの様子を社員に吹聴しまくるというから、たちが悪い。

「中途採用された新人の女のコに『以前はどこで働いていたの?』と聞くと、『キャバクラ』と回答。どうやら、彼女の常連だった社長が、『ウチで働きなよ』と勧めたようだった」(広告代理店・25歳)

 キャバ嬢を入社させる社長も問題だが、ペラペラしゃべる新人もどうかと思うが。しかし、モラルハザードは上司だけではない。

「僕の部下は、上司と一緒の営業中でもかまわずナンパ。注意すると『いい女がいたらナンパぐらいします。しょうがないでしょ!』と言い返された」(飲食・27歳)、「美人の女子社員が入社してきたと思ったら、半年間で社長を含む男性社員25人全員と、肉体関係を築いていた」(飲食・45歳)。

 また、オフィスで行為に及ぶド底辺企業も多いらしく、「朝、出勤するとソファによくスペルマがついている。誰のものかは不明」(サービス・39歳)、「残業と称して居残りしていた同僚。会社のPCからデリヘルを予約し、さらにデリヘル嬢を会社に呼び寄せるという行為を何度も繰り返していた」(出版・34歳)などという声も。何度も言うが、会社は家じゃない!!

 AVさながらの状況だが、自社で行われているとなると、うらやましいどころか会社の行く末が心配だ。

― [ド底辺企業]本日も大バカ営業中【9】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事