R-30

一目でわかる【ド底辺企業】の特徴

職場がギスギスしている、ノルマがキツすぎる、労働法規がまったく守られないといった「ブラック企業」が何かと話題になっている。だが、そんなブラック企業の斜め上をいく、「ド底辺企業」なるものをご存知だろうか? モラルハザードなどという言葉すら高尚に思えるバカが社員として、ときには経営者として働いているという「底が抜けてしまった」感のある会社のことを指す。そんな「ド底辺企業」の実態に迫った!!

◆ドアを開けたら一目でド底辺とわかった会社

 飛び込み営業で「失礼します」とドアを開けてはみたものの、その惨状を目の当たりにし、「失礼します」とそっとドアを閉めて帰りたくなる。

 そんな、一目でド底辺とわかる会社が実際に存在している。

「職場にサンドバッグが吊してあり、仕事の合間に社員がパンチやキックを叩き込んでいる」(住宅リフォーム・24歳)

 住宅リフォーム会社だけに「おい、この壁の強度調べるから右ストレート打ち込んでみろ!」ってことなら、凄くイヤ!!

「マンションの最上階の全フロアを使っている会社で、入り口に神棚と日本刀。横には大物政治家と握手している社長の写真が飾られていて、通された応接室にお茶を運んできたのはネグリジェの女性でした」(人材派遣・49歳)

 うん、逆に帰りづらい!!

「会社で飼っている猫のために夜中もエントランスを開けていたら、ホームレスが寝泊まりするようになった」(出版・35歳)

 その前に猫を放し飼いって!!

「すべての端末の上にIDとパスワードが貼ってあって、非常に便利(笑)」(製造・34歳)

 確かにいつでも誰でも使えて便利だね……って、おい!!

「社長の部屋に行ったとき、廊下に赤い鳥居が何本も立っていた」(不動産・46歳)

 底辺というよりも天上のような気がするが、いずれにせよ怖っ!!

「トイレを借りたら壁に鼻くそがこびりついていた」(情報サービス関連・38歳)

 小学校か!!

イラスト/西アズナブル
― [ド底辺企業]本日も大バカ営業中【10】 ―




おすすめ記事