R-30

放置しがちな体の歪みが肉体も精神も蝕んでいく!

連日のパソコン三昧に加え、寒さに体が縮こまりがちなこれからの時期。気づけばつい背中はまん丸に。しかし、そんな何げない姿勢があなたを不幸に陥れているとしたら……。普段の姿勢の歪みがもたらす害悪は、実は意外な箇所にも及んでいた! 今からでもすぐに実践できる改善法とともにお伝えする

放置しがちな体の歪みが肉体も精神も蝕んでいく!

 サラリーマンをはじめ、現代人は背中が丸まり、猫背になりがち。しかし、たかが猫背と楽観視しているあなたは、すでに危険領域! 実は姿勢の悪さこそが人生の悪循環の根源だったのだ。

 体の歪みが腰痛と肩凝りの原因となっているのはもちろんだが、今回指導していただく元Jリーガーにして腰痛症の改善を主としたパーソナルトレーナーの伊藤和磨氏は、こう警鐘を鳴らす。

「猫背姿勢で頭が前に出るほど、首の筋肉や靭帯にかかる負担は著しく増大します。頭はスイカ1個分の重さがありますから、常に首からスイカをぶら下げているようなもの。それで手の痺れを起こしたり、椎間板を悪くしたりしてしまうわけです。首の歪みは自律神経の乱れを引き起こしたり、パニック障害の原因にもなりますね」

 姿勢の悪さが精神面にも害悪をもたらしていたとは……。

「頭と首をつなぐ後頭下筋郡(うなずいたり、あごを上げ下げする筋肉)、ここがデスクワークなどで詰まってしまうと脳への血液(酸素)の供給が滞り、働きが鈍る。三半規管への情報の伝達が遅れ、目の動きも遅れるため、めまい、立ちくらみ、不眠の原因となる。鬱状態を引き起こすこともあります」(伊藤氏)

猫背は頭痛や食欲不振、そして非モテの原因に

 同じく指導していただく元プロレスラーの整体治療師・山崎一夫氏と、姿勢コンサルタント・武田まり子氏もこんな害悪を訴える。

「首の緊張状態が強いと頭痛に襲われたり、胃のムカつきから吐き気をもよおし、食欲不振に陥ることもありますよ」(山崎氏)

「今の20代・30代の方は、小さい頃からじっとTVゲームをやっていた世代。悪い姿勢のクセが早くからついているうえ、大人になって体が硬くなり、体を動かす機会も減ったため、そのツケが一気に回ってきている。問題は肉体的な面だけでなく姿勢が悪いとどうしてもナヨッと見られますから、それが女性からすると『頼りがいのない男』として恋愛対象外となる要因にもなりますね」(武田氏)

 姿勢の良しあしが、「非モテ」にまで影響していた! これから紹介するお三方の指導に危機感を持って耳を傾けるべし!

【腰痛、肩凝りだけじゃない! 姿勢の悪さでこんな症状も】

◯欝・無気力
●めまい、立ちくらみ
◯パニック障害
●自律神経の乱れ
◯睡眠障害
●食欲不振
◯非モテ

― [姿勢の悪さ]は人生を台無しにする!【1】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事