恋愛・結婚

風俗3賢人に聞く「オススメの遊び方」

◆座談会風俗三賢人に聞く!!ハズレない風俗の楽しみ方【中編】

風俗なぜか大当たりよりもハズレの体験談で盛り上がってしまう風俗ネタ。俺はブスが……、俺には化け物が……と口を開けば盛り上がる。SPA!ではこれまで、トホホな風俗失敗談を列挙してきたが、最後に登場するのは各界の風俗エキスパートたちだ。真のハズレ風俗店とは? ハズレ風俗嬢を引かないコツとは? 思いの丈を激白してもらった!

⇒【前編】はこちら http://nikkan-spa.jp/253697

語っていただいたのはコチラの3人

【村上雄二氏】
尖鋭的風俗ライター。風俗は一期一会!リピートしたら負けも同然!! 『激撮 本当にあったHな話』(ぶんか社)編集者として、ありとあらゆる風俗店を取材。物おじしない直撃ぶりに定評がある

【ヒクソン高田氏】
カリスマ風俗客。期待はしないが夢は大きく最終目標は嬢の家だ!客として風俗をいかに楽しむかをストイックに追求するスタンスから、"プロ風俗客"とも呼ばれる風俗界、陰の巨匠

【谷川英二氏】
サラリーマン風俗侍。少ない小遣いを無駄にしない!そのための店選びは必死。嫁の目をかいくぐっての風俗店新規開拓に余念がない、33歳の会社員。女性の守備範囲は極めて広いが、アジア系風俗に目がない


◆大きなイベントがある日と夕方6時前後が狙い目!?

――最初の風俗体験はいかがだったんですか?

村上:信じられないようなデブ。朝10時頃、地元の駅前で見つけた超可愛いギャル系のコが、店に入っていったんです。こっちも指名したいからアルバムを見せてもらったんだけど、そのコがいなかった。「これしかいないの?」って聞いたら、「もう一人いるけど写真は出せない」と。でも、ギャル系だっていうから指名して。そしたらぜんっぜん違うデブが出てきた。

谷川:結局、そのコは在籍していなかったんですか?

村上:駅前でビラ配りする係だったんですよ。それでしばらくは風俗不信が続きました(苦笑)。まぁ、今ではその苦い経験もネタとして昇華させていますけどね。風俗店や風俗嬢にハズレだって怒る人は、風俗に求めるものが高すぎるのかもしれませんね。たかが風俗なんだから、楽しまなきゃ損じゃないですか。

谷川:みなさん、余裕があるなぁ。僕の場合、やっぱり店選びは値段が肝になる。大塚にあった3500円のオナクラは重宝して、一時よく利用しました。

ヒクソン:オナクラはいいですよね! 普通の風俗って人の肌と肌が触れ合うから地雷女も増えるけど、触らないのが前提のオナクラは総じてレベルが高い! 僕、10回くらい連続で通ったもん。

村上:通いすぎだよ(笑)。

――風俗経験値が高い皆さんですが、オススメの遊び方は?

ヒクソン:大きなイベントがある日は狙い目ですよ。例えば、オリンピックやサッカー日本代表の試合なんかはチャンスです。

村上:結局、店も女のコも暇になりますからね。昔のテレクラでも、クリスマスとバレンタインデーは入れ食いだって定説だったし。

ヒクソン:あと早番のコが終わる時間もアリですよ。大体、夕方の5~6時くらいですかね。

谷川:その日の最初の客じゃなくて、最後の客になるんですか?

ヒクソン:アフターに誘うんですよ。プレイが終わったら、店の周りをウロチョロしながら「あっ、奇遇だね! 今、終わったんだ?」って。5回に1回くらいはSEXできるんじゃないかな。

一同:そんなワケねぇよ!

⇒【後編】につづく http://nikkan-spa.jp/253707
風俗の達人ほど、病気に対する意識は高い!?

― [風俗大ハズレ体験]地獄変【10】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事