恋愛・結婚

女を発情させる言葉『〇〇〇をホメる』

発情「女を発情させる言葉」なるものを求めて調査を開始。20~30代女性300人にアンケートをとったところ、「言われるとグラグラっとくるホメ言葉」として挙がったのは、「美人だね」などのストレートな言葉よりも、「透明感」「華」など“雰囲気”を称える言葉たちだった。

 なぜか?

「そのほうが妄想の余地があるからでしょう『透明感がある』は、言われた瞬間、女性の頭の中に永作博美から蒼井優まで、透明感のある女優の名前がババババッと浮かんでいます。決してルックスが似ていると言われたわけではないのに、『私ってああいう女優さんと同じ系列だと思われているのかな』と、女性のほうで勝手に変換してくれるんです(笑)」とは、『女子をこじらせて』の著者・雨宮まみ氏。

「外見ばかりでなく、パーソナリティまで含めて賞賛しているような印象を与えるところも、女性をソワソワさせるんでしょうね」と分析するのは、ラブライフアドバイザーのOLIVIA氏だ。

 ストレートなほめ言葉は、社交辞令と受け取られかねないが、「透明感がある」「華がある」「ミステリアスな感じ」といった雰囲気ホメは素直に受け取る女性が多いのもポイントだ。何も考えなくても言えるだけに、これは使えそうだ。このほかにも週刊SPA!7/31発売号では「女の発情メカニズムを自在に操る技術」と題した特集を組んでいる。「雰囲気ホメ」単体では女を発情させるにはやや弱い、ほかの技も知りたい!と思った方はぜひ参考にしてほしい。 <取材・文/山脇麻生 イラスト/深川直美>

週刊SPA!8/7号(7/31発売)

表紙の人/篠崎愛

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

ハッシュタグ




おすすめ記事