恋愛・結婚

女性が紹介してくる「可愛い子だよ」に異議アリ。男と女、悪いのはどっち?

 学生時代の同級生、職場の同僚、共通の知人との食事会(合コン)、最近ではマッチングアプリを始めとしたネット上。男女が出会うきっかけは様々だが、昔からポピュラーなものといえば「知人の紹介」ではないだろうか?
デート

写真はイメージです(以下同じ)

 信頼できる友達からの紹介では相手の素性に対する安心感もあり、結婚に至った際の世間体も無難なところである。

女友達の「可愛い子」に異議アリ!

 そんな「知人の紹介」に不満を持つ男がいる。会社員の増山雄祐さん(27歳・仮名)だ。 「僕は3年くらい彼女がいないのですが、有難いことに、学生時代の女友達が世話を焼いてくれて、よく女性を紹介してくれるんです……」 「出会いがない!」と嘆く男からしたら羨ましい限りの話だと思うが、増山さんは怨嗟とも言える声を挙げる。 「女性の『可愛い子だよ!』に何度騙されてきたことか。女の人ってほぼ必ずといっていいほど『可愛い子』を紹介文句に使いますよね? でも実際……まあ言葉を選ばずに言うと大抵『可愛くない』。すごくハードル上がるじゃないですか。『超可愛いよ!』なんて言われたときには女優の佐々木希さんとか、そこまでいかなくても多部未華子さんとか。最低でも、歌手の西野カナさんあたりまでを想像しません?」 スマホを持つ男性 西野カナには失礼な言い草すぎるが、このような経験を持つ男性諸君も多いのではないだろうか?  筆者にはある。高校時代の同級生(女)からLINEが届き「美女がいるけど紹介しようか? モデルっぽいよ」なんていう詐欺メールのような文面を送られてきたことが。 「そんなバカな」とは思う。しかし、独身&彼女ナシでそこに食いつかない男は果たしているのか?  この誘惑に即座に飛びついた筆者、個人的には期待にそぐわない結果が待っていた(女性の身長は178cmだった)。 「例えばなんですけど、『笑ったら目がなくなるけど、そこがキュートなの!』だとか『つぶらな瞳がチャームポイントなんだよね~』。もっと求めるなら『腕力に自信があるから、仕事終わりのマッサージには期待できると思うよ♪』といった紹介文になれば、期待値も下がり男女双方にとっていいと思うんですけどねぇ」(増山さん)  男は同性を紹介する際、それなりのハンサムでない限り「イケメン」とは言わない気がする。容姿を褒める場合にはよく言って「塩顔」であるとか、性格面では「いい奴」「優しい」。「大企業勤め」といったワードも多いはずだ。
次のページ
女性陣の言い分は?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事