R-30

“臀筋群”をケアすれば、精力UPも可能!

“臀筋群”をケアすれば、精力UPも可能!
無意識の”努力”タイプ

【Step 1】縮める「手枕のポーズ」
横向きで開脚して脚を上げるだけ。左右同じ回数ずつやってみよう!

【1】

101214_CL2_28.jpg

横向きに寝て、左手を曲げ、ひじをついて頭を支える。
体は真っすぐにキープし、お尻が突き出ないように注意する。


【2】
101214_CL2_29.jpg

息を吐きながら、右脚をゆっくりと開脚する。脚を下ろすときには、
息をゆっくりと吐く。向きを変えて、左脚も同様に繰り返す。


◆ココにも効く!
精力UP

【Step 2】伸ばす「片脚伸ばしのポーズ」
仰向けで片脚を持って伸ばすだけ。急に力を加えず、ジワジワいこう!

【1】
101214_CL2_31.jpg

仰向けで両脚を立膝にしてから、左足のつま先を左手でつかむ。
背中は、背骨から尾てい骨まで、床にぴったりとつけるように意識。


【2】
101214_CL2_32.jpg

左脚を無理のない範囲で上に向けて伸ばし、お尻~脚裏
全体にかけて、ストレッチする。反対の脚も同じように行う。


◆ココにも効く!
足腰の疲れ

【Step 3】ほぐす「ワニのポーズ」
朝起きたときや、夜寝る前に。お尻のストレッチを意識せよ!

【1】
101214_CL2_34.jpg

仰向けに寝て、両手を広げ、右脚のひざを立てる。
この時、床から背骨が浮かないように注意。


【2】
101214_CL2_35.jpg

腰をねじって、立てた右脚のひざを反対側のほうへ倒す。
右の肩は床についたままで。左脚も同様に。


↓ さらにできそうなときは…! ↓

101214_CL2_37.jpg

クロスした脚のつま先を反対側の手でつかみ、30秒ほどキープ。呼吸も忘れずに。

◆ココにも効く!
腰の痛み・疲れ

【ターゲットはココ!】
臀筋群 (でんきんぐん)

101214_CL2_39.jpg

骨盤から大腿骨(太ももの骨)のほうに向かって伸びている
大きい筋肉のこと。いわゆる”お尻のほっぺ”の部分


臀筋群をほぐせばヘタレ返上の日は近い!

「私たちは、好きなことを自然に取り組んでいるときは、主に深層筋を使っていますが、何かを無意識に力でねじ伏せて、頑張ろう、ふん張ろうとしたとき、表面の大きな筋肉、とりわけ臀筋群に力を入れる傾向が強いのです」と綿本氏。

必要以上に責任感が強いタイプの人は、たいていココが凝っているそう。そして臀筋群に過剰な力が入ることで腰痛に。何をするにしても、男にとって腰痛は一大事。エネルギーの中枢でもある腰回りは、常にケアしておきたい場所。

「お尻をほぐすことで、腰痛もよくなり、全身の筋肉もほぐれてきます。縦方向、横方向に臀筋群を動かす運動が必要です」

これだけで、ストレス解消、腰痛解消、精力UPと一石三鳥!

撮影/尾藤能暢 取材・文/印田友紀 モデル/角田沙弥香
ヘア&メイク/中山夏子
― [ストレス&疲労]を消し去る(驚)秘術【4】 ―




おすすめ記事