R-30

女は“女のすっぴんアピール”にイラっとしている

一見、穏やかに見えるガールズトーク。しかし、その水面下にはかくも恐ろしい本音が隠されていた!!

◆混ぜるな危険!? すっぴんvs.整形

すっぴんアピール「髪形を変えたのに彼が気づいてくれない」という女の嘆きをよく耳にする。些細なことと思うなかれ。女たちの外見に関する感度の高さはそれどころではなかった!!

「もともと肌が弱くて、無添加の化粧水やファンデーションを使っているんですが、そういう話題のときに必ず『私、ファンデーション使ったことなくて』と、ちょっと得意げに言う人がいるんですよ

 とはOLの谷町理子さん(仮名・33歳)。マイナス発言をしているふりをして自分の価値をアピール。そんな女を、女は見過ごさない。

「整形疑惑のある同僚A子の噂になったとき、『キレイになるなら、いいじゃない』という結論になりかけたんです。そのとき、B子が『A子もC子もキレイでうらやましい』と言った際のC子の”一緒にしないで”という目が怖かった

 と語るのはモデル事務所に勤務する小泉洋子さん(仮名・28歳)。天然物と人工物は区別すべし。

 また、ギャル界にも選民意識が存在するとギャル誌編集者の吉田恭子さん(仮名・31歳)は語る。

「キャバ嬢系のギャルがよしとしている黒いカラコンは、強めファッションを好む黒ギャルからもカワイイ系の白ギャルからも『ダサい』とされています」

 ちなみに茶やブルーのカラコンはOKとか。よく、わからん……。

イラスト/テラムラリョウ

― 女の女による[選民意識]が怖すぎる【2】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事