デジタル

街中で急増中の[ヘッドフォン女子]とは?

ヘッドフォン女子“ヘッドフォン女子”とは、その名の通りヘッドフォンを身に着けた女のコのこと。ヘッドフォン娘とも呼ばれており、男性から熱い支持を受けている。

「ヘッドフォン女子には、女のコが無機質なヘッドフォンを着けているという、“ギャップ萌え”の魅力があります」とは、『東京ヘッドフォンマガジン』の編集長を務める西沢フミタカ氏。つまり、本来は女のコと馴染まないメタリックで存在感のあるアイテムを、身に着けているというアンビバレントさに惹かれているというわけだ。

「それに加えて、最近はファッション性の高いヘッドフォンが増えました。そういったヘッドフォンを着けたカワイイ女性にときめく人もいるんじゃないでしょうか」

 実はスマートフォンの普及によりここ2、3年、ヘッドフォン業界は右肩上がり。市場の拡大に伴い、メーカーは多種多彩なモデルをリリース。女のコが、ファッションアイテムの一部としてヘッドフォンを身に着けやすい時代になっている。

「ただ、あからさまに女性向けのモデルは、あまり売れている印象はありませんね。それよりも男女関係なく使える、iPhoneのようなスタイリッシュなデザインのヘッドフォンが人気です」

 なかでも音楽好きで、オシャレにも敏感な世界中の女性を虜にしたのが、beats by dr.dreのヘッドフォン。

「beats by dr.dreはデザインと音質のクオリティがともに高い。約3万円と高価ですが、女性ファンが多いです」

◆ヘッドフォンを選ぶときに注目しているポイントは?

 では、デザイン以外にはどういったところに注目してヘッドフォンが選ばれているのだろうか。

「見た目はもちろん、長く使うとなるとやはり音質の良し悪しが大切です。ヘッドフォンの音質は、モデルによってガラリと変わるので、購入前には試聴しておいたほうがいいですね」

「ヘッドフォンは、オールシーズンで使えるので、女性へのプレゼントにもピッタリだと思います。カップルなら、同じモデルを使うのもアリ。服だとちょっと嫌らしいですが(笑)、ヘッドフォンだと嫌みじゃないですから」

 また、男性向けのモデルだと、MonsterのInspiration、DENONのAH-D 400、SkullcandyのMix Masterが、現時点でそれぞれイチオシとのこと。

「Inspirationは、ハウジングがスクエアになっていて、エッジが効いています。次にAH-D 400は、LEDイルミネーション機能を搭載で、ガジェット好きにオススメ。最後のMix Masterは、パイロットが操縦席で着けているような、重厚感のあるメカっぽいデザインがいい」

 冷たい秋風が吹くこの季節。さらに増えるヘッドフォン女子のCuteな姿から目が放せない。

⇒「東京ヘッドフォンマガジン」オススメのヘッドフォンはコチラ
http://nikkan-spa.jp/318860


西沢フミタカ氏

西沢フミタカ氏

【西沢フミタカ氏】
Webマガジン『東京ヘッドフォンマガジン』編集長。書籍、音楽、イベントなどのディレクションのほか、ギタリストしても活動

【東京ヘッドフォンマガジン】
ヘッドフォンの最新ニュースやインタビュー、ヘッドフォン女子の情報を掲載するWebマガジン。詳細は、http://www.headphone-mag.com/

<取材・文/黒田知道 撮影/難波雄史(本誌)>
― Cuteな[ヘッドフォン女子]の愛機祭【1】 ―




おすすめ記事