恋愛・結婚

野外プレイを好む高学歴女子の言い分

およそセックス姿が想像できないエリート女子。彼女たちはいかなる性的妄想を抱いているのか。高学歴ならではの知的すぎる性的嗜好を調査した。知性は“痴性”を生む!?

◆フロイトを引き合いに野外セックスに夢中な自分を正当化

里中明子さん(仮名・29歳)不動産 上智大学出身

高学歴 上智大学出身の里中さんは、黒髪で清楚なお嬢さまタイプだ。

 しかし、見た目とは裏腹に、野外セックスが大好きなんだとか。

「性癖に目覚めたきっかけは、高校の生徒会活動でした。当時、スカートを短めにしていたんですが、その姿で壇上に上がると、『下から見えちゃうかも!』と、とにかく興奮しちゃって(笑)」

 その快感にやみつきになってしまった里中さんは、自ら彼氏を誘って野外セックスに興じるようになった。

「私の体を窃視、つまり、誰かに見られているかも、と思うと、羞恥心の発露とともに、達成感も覚えるんですよ。フロイトもアンビヴァレンツを説明するとき、窃視症と露出症を例に挙げていますしね」

 え、フロイトですか?

「そう。根本は違うかもしれないけど、それに近しいものがあると思う。覗きがあるから、露出がある。対立する物があるからこそ、私の欲求は満たされて、両価性が成り立つんだと思うの」

 難しい用語の連発で煙に巻かれたようにも思うが、フロイトを引き合いに出したところで、野外セックスは公然わいせつ罪になる可能性あり。警察にフロイトの理論は通じませんよ!

取材・文/黒田知道 イラスト/西アズナブル
― [高学歴アラサー女子]のSEX観が狂い始めた!【1】 ―




おすすめ記事