デジタル

ゲームで日本語を学んだ 『ロックスミス』プロデューサー

ゲーム業界のキーパーソンが登場! 【 トップクリエイターの仕事場】

◆【前編】 「ゲームで勉強」

肥後直己氏 本物のギターでプレイする音楽ゲーム『ロックスミス』のプロデューサー、肥後です。私は日本で生まれてアメリカで育ちました。学校も現地の学校で、一応土曜日には日本人学校にも通っていたんですけど、勉強を全然してなくて(笑)、日本語が維持できるか親が心配しまして……。それで勉強のために買ってくれたのが、アメリカのゲーム機ではなく日本のファミコンでした。RPGを遊んでいると、攻略本が見たくなるじゃないですか。そのときも日本の攻略本を手に入れて、言葉を覚えながらプレイしていました。ゲームのおかげで、なんとか日本語をしゃべれるようになったという感じです(笑)。

 そういう理由もあって子供の頃からずっとゲームをプレイしていて、大学を出たときにも、ゲームサイトを経営していた知り合いに誘われて記事を書くようになりました。それが1年くらい続いて、今度は自分でもゲームを作ってみたいという気持ちが強くなり、いくつかのゲームメーカーを経て、ユービーアイソフトに入りました。

 ゲーム制作のいいところは、エンターテインメントなので、人に楽しんでもらえる、喜びを提供できるという部分ですね。アメリカではゲームを作ることをよく「子供を産むのと同じ」と表現しますが、まさにそうで、大変な思いをして子供が生まれて、その子にはいろいろな個性やクセがあるかもしれないけど、我が子だからそれを愛す、そんな感覚です。

 今回の『ロックスミス』は、プレイしているとスキルが身に付くという意味でエンターテインメントバリュー以上の何かがあると制作中に感じました。今まで目指していたゲームの理想形かもしれない、そう思えた特別な我が子です。

【後編】⇒ ギターを弾けない二人が制作!本格的ギターゲーム『ロックスミス』
http://nikkan-spa.jp/322710


ロックスミス

本格的ギターゲーム『ロックスミス』(PS3/Xbox 360)はただいま発売中!

【肥後直己氏】
ユービーアイソフトサンフランシスコオフィスの立ち上げ人でもあるゲームプロデューサー。その第1弾のタイトルが『ロックスミス』

(C)2012 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved.
Rocksmith logo, Ubisoft and the Ubisoft logo are trademarks of
Ubisoft Entertainment in the U.S. and/or other countries.

ロックスミス

PS3版・我が家がライブ会場に!

ロックスミス

X-BOX360でも!




おすすめ記事