恋愛・結婚

未婚女性の65%が「下半身の剃毛」に肯定的

剃毛,パイパン このところ、オヤジ向け週刊誌がやたら「パイパン」をフィーチャーしている。『週刊現代』1月21日号<無毛ヌード時代がやってきた>、『FRIDAY』10月19日号<大ブーム!「無毛エステ」に本誌カメラが潜入!>などなど。

 だが、いかにもプロっぽいギャルたちのグラビアを見せられても、果たして本当にそのようなブームが起きているのか、にわかには信じがたい。というわけで、本誌が未婚女性130人にアンケートを取ったところ「現役パイパン」が10%強も存在。実際にパイパンにするには抵抗があるものの、本音ではパイパンにしてみたい……という女性も含めれば、実に65%がパイパンに対して肯定的という結果に! 世の女性のパイパンに対するハードルは、明らかに下がっていたのであった。

※Q:「パイパン」に対してどう思いますか?
⇒http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=356539


 もともと“下半身に意識の高い”女性の間で、陰毛とは親の敵のような存在。陰毛がジャングル状態のときは、セックスの誘いがあっても断固拒否する……と答えた女性は約半数の69人(うち29人が「実際に断った」)。突如訪れたセックスチャンスを逃すまいと「出先のトイレで陰毛を処理したことがある」女性も3割近く。「野放図な陰毛は男を幻滅させる」という“信念”はかくも強固なのだ。

※Q:今まで実践したことのある「下半身ケア」は?
⇒http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=356544


 そんななか「できることなら陰毛を丸ごと取り去ってしまいたい」という欲求が生まれるのはむしろ当然。だが、従来は「パイパン=剃毛プレイをしている人」というイメージが大きすぎて、実行に移せる女傑はなかなかいなかった。それが、ここ数年で急激に「パイパンもアリ」に勢力図が塗り替えられつつあるのだ。

下半身,ケア― 進化しすぎた[男女の下半身ケア]仰天事情【1】 ―




おすすめ記事