デジタル

テトリスを作ったパジトノフが見たら仰天の『上原パズル』

今や電車の中はスマホでパズルゲームに没頭している人ばかり。徹夜してでもやり込みたくなるのはどれ? パズルが苦手でもハマるパズゲーは? 前回に続き(https://nikkan-spa.jp/380851)、話題のパズルアプリ3タイトルを実際にやってみて、ハマり度と難易度を検証した! レビューに参加するのは以下の3人。 【卯月 鮎】 ゲームコラムニスト・書評家。週刊誌、専門誌などでゲーム記事を執筆。著書に『はじめてのファミコン』。パズルは「パネポン」好き 【まいまい】 本誌ゲーム担当、好きなジャンルは、寝ながらプレイできるRPG、または喧嘩もの。広く浅くゲームに詳しいものの、ハマりにくく、特にパズルは苦手 【もよもよ】 ゲーマー女子ライター、気に入ったらとことんやり込む狭く深く派。RPGとパズゲーに人生を捧げてきた。ハマると朝まで8時間延々とプレイすることも ●『人狼村からの脱出』 人気の参加型イベント「リアル脱出ゲーム」を手掛けるSCRAPチームが作った“スマホ版リアル脱出ゲーム”。現実の時間と連動して7日間、物語の中に入って謎を解く。170円 ※ゲーム画面はコチラ⇒https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=380944
人狼村からの脱出

人狼村からの脱出

卯月 鮎:「レイトン教授」と同じで、シナリオとパズルの融合がうまくいっている。最後の暗号解読が難関だが、その仕掛けには意表を突かれた。スマホの機能をうまく使った謎解きも新鮮で、こちらを楽しませようとする意欲に満ちた良作。欲を言えば、もう少しボリュームが欲しいところ ハマり度:★★★★ 難易度:★★★★ 得点:5点 まいまい:ストーリーの世界観がしっかりしていて小説を読んでいるような気分になる。けれども、暗号や謎解きものがいかんせん苦手で、ちっとも解けない……。結局、クリアまでいかずに諦めてしまった。ただ、問題や演出がよくできているので推理ゲー好きなら相性がよいはず ハマり度:★★★ 難易度:★★★★★ 得点:3.5点 もよもよ:実際の時間と連動しているゲームゆえ、ちょっと放置していると"謎解き失敗"と判断されて勝手にゲームオーバーになってしまう。この手のリアルタイムで時間管理されるゲームが非常に苦手なため、まったくハマれなかった。本来、暗号や推理系のパズル自体は大好きなだけに、残念 ハマり度:★ 難易度:★★★★★ 得点:2点 ●『ズーキーパーDX』 横暴な園長が仕切る動物園から逃げ出した動物たちを、飼育員であるプレイヤーが3匹以上揃えて捕獲する、という設定。PCや携帯ゲーム機などあらゆるハードから出ている。85円 ※ゲーム画面はコチラ⇒https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=380945
ズーキーパーDX

ズーキーパーDX

卯月 鮎:元をたどれば「ビジュエルド」や「パネルでポン」の派生形だが、「ズーキーパー」自体も約10年の歴史を持ち、定番の域に入ってきた。ルールは単純ながら難度は比較的高く、徐々に自分が上達していくのを楽しめる出来。スマホのタッチパネルでプレイ感も向上した ハマり度:★★★ 難易度:★★★ 得点:4点 まいまい:スマホアプリ化する前から、PCやガラケーでやっていた。延々と動物を揃えていく、という地味といえば地味なゲームだが、どこか懐かしい感じがする動物の絵がなかなか好き。「LINE POP」ほどスピード勝負ではないため、のんびりできるところが自分には合っていた ハマり度:★★★★☆ 難易度:★★★ 得点:4点 もよもよ:PCで「マインスイーパー」や「ソリティア」をやるような感覚で、なぜか繰り返し黙々とやってしまう。点数が低いと、暴君の動物園園長が厳しい言葉を浴びせてくるが、ある程度の高得点を出せると優しくなる。それが嬉しくてエンディングが流れるところまでやり込んだ ハマり度:★★★★★ 難易度:★★★ 得点:4点 ●『上原パズル』 ネットで話題になったPCゲーム「上原テトリス」のiPhone版。「上」や「原」の字の形の変なブロックが落ちてくるため普通のテトリスと比べものにならないほど難易度が高い ※ゲーム画面はコチラ⇒https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=380946
上原パズル

上原パズル

卯月 鮎:「テトリス」を作ったパジトノフが見たら、きっと仰天するだろう(いや、「上」の意味がわからないか)。「テトリス」の芸術的なゲーム性は薄れたが、障害物競走のようなにぎやかさがある。難度はかなり高く、"あの漢字"が落ちてきたときの衝撃と絶望といったら…… ハマり度:★★ 難易度:★★★★★ 得点:3点 まいまい:パズルゲーム代表格のアレに似てると思いきや、よくわからないブロックが落ちてくるだけになかなか思い通りには消せず、落ちものパズゲー特有の"爽快さ"はゼロ。うまくいかず消化不良のままゲームオーバーになるためか、なぜか没入感があり、ついついのめり込んでしまう ハマり度:★★★★ 難易度:★★★★★ 得点:2点 もよもよ:「テトリス」で、中途半端に出ているブロックを極力作らずコツコツ消したい派にとっては非常に心がかき乱されるゲーム。「長い棒、早く来い」などの次元を超えている。 “消す”というよりも、“いかに生き残るか”。ネタとして面白いので、やっていてムシャクシャするわりにはけっこう好き ハマり度:★★☆ 難易度:★★★★★ 得点:3点 ※☆は0.5つ星 ― iPhone&Android パズルゲームレビュー【2】 ―
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事