恋愛・結婚

10万円以下の極楽アジア旅【タイ・シラチャー編】

シラチャー(カラオケスナックの娘)

航空券は5万~6万円台。ホテル相場は非常に安く、1泊2000円台クラスでも十分だ

 週末に飲んだ勢いでキャバクラへ。そこで火が付き、中途半端な風俗に駆け込む。翌日は午後までゴロ寝……。そんな散財をするぐらいならば、「酒池肉林の旅」に出かけてはどうだろうか。2/12発売の週刊SPA!「男の[極楽アジアツアー]10選」では、玄人しかしらない「2泊3日予算10万円以内の旅」を特集している。日刊SPA!では、全10ツアーの中から、駐在員や出張でタイを訪れるビジネスマンの間では以前から知られていたシラチャーを紹介しよう。

 バンコクのスワンナプーム国際空港から車で約45分の場所にあり、多数の日系企業が進出。現在は約3000人もの日本人が住んでいるシラチャー。

「ここの歓楽街は、バンコクのパッポンやタニヤをコンパクトにした感じで、和風の居酒屋や連れ出しOKのカラオケスナックなどが集まっています。女のコは簡単な日本語を話せるコが多い。初心者には遊びやすいと思いますよ」

 そう語るのは、シラチャーでの長期出張歴のある玉井淳さん(仮名・36歳)。以来プライベートでも行くようになり、金曜深夜便で羽田を発ち、月曜朝に帰国する“週末弾丸シラチャー”を3か月に1回のペースで行っている。

「土曜日の朝、空港に到着したらシラチャーのホテルに直行。軽くひと眠りして昼から出動します」

 いつもは軽く食事を済ませたら“スペシャルマッサージ”があるエロマッサージ屋へ。相場は1200バーツ(約3600円)程度だ。

「日が暮れ始めたらゴーゴーバーやカラオケスナックを巡り、女のコを物色。タイプのコを見つけたら即交渉します。1日拘束のロングは3000バーツ(約9000円)が目安。夜は早めにホテルへ戻り、部屋で女のコと過ごします」

シラチャー(GO!GO!BAR娘とシーチャン島)

シラチャーから沖合のシーチャン島は船で約45分。ビーチと海はタイでも屈指のレベルだ

 翌日は女のコと沖合のシーチャン島まで足を延ばし、青い海を眺めながら束の間の恋人気分を味わえる。彼女とは夕方前にお別れ。しかし、旅はまだ終わらない。

「帰国は深夜便が多いため、ギリギリまで遊べます。よく行くのがタイ式ソープランドのマッサージパーラー。精力を使い果たすので、帰国便ではいつも爆睡です(笑)」

 本誌特集では、シラチャーの他に、セブ島、ドングァン、ヤンゴン、バタム島、ハジャイ、下川島、ビシュケク、ウラジオストクを、その道の玄人が案内している。 <取材・文・撮影/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!2/19号(2/12発売)

表紙の人/平野綾

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事