恋愛・結婚

セックスレスを招く「男の間違った誘い方」ワースト3

 セックスの誘いをかけて、彼女や妻に断られたら結構へこむもの。でも、断られるのは、誘い方に問題があるからかもしれませんよ。

セックスレス

「今夜あたり、どやっ!? えっ! ダメ~!?」

 夫や彼氏からのセックスの誘いを拒んでいる女性に理由を聞くと、圧倒的に多いのが「セックス自体は、あまりにもご無沙汰になるとヤバイと思う。でも、相手の誘い方に問題があって、その気になれない」という声だ。

 以下、代表的なパターンを紹介しよう。

<ケース1>お茶目な誘い方で萎える

 付き合いが長くなると多いパターン。

「『チ◯チ◯、入れとく~?』『いっちょ、しときますか』などと軽快に言われてげんなり」(29歳・パート)

<ケース2>“やらせて当然だろう”という態度

 特に結婚後に増えるパターン。

「寝ている時にパジャマの下だけいきなり脱がせ、入れようとしてくる。こちらの同意は必要ないと思っているのか」(33歳・主婦)

<ケース3>日常的に胸を揉んでくる

 特に不評だったのがこのパターン。

「性的な触り方とかではなく、赤ちゃんがおっぱいを触ってくるような感じでぞっとする」(31歳・教育関係)

「TVを見ながら胸を揉み揉みしてくる夫。その流れじゃ、日常の延長線上すぎてエッチしようって気になれない」

 生活感が出過ぎてもダメだし、照れ隠しで改まるのもダメ。ではどうすればいいのか? 多かったのは、「自然流れを演出してほしい」という声。

「あまり疲れていない週末とかの2人きりになったタイミングで、肩にマッサージしてくれていた手がだんだん下に降りてくる……とかなら、受け入れやすいです」(30歳・アパレル)が、代表的な意見である。いきなり相手のエロスイッチをオンしようとするのではなく、まずはリラックスさせることがレス解消の近道なのだ。

 なお、一見自然な流れに思える前出の「おっぱい揉み揉み」は「流れ」ではなく「惰性」だと思われるのでタブーである。 <取材・文/日刊SPA!取材班>




おすすめ記事