デジタル

通勤中にスマホで自宅HDDの録画番組が楽しめる

【米Sling Media/イーフロンティア SLINGBOX 350】


「Slingbox」は、モバイルデバイスで自宅のHDDレコーダーにアクセスし、テレビや録画番組を視聴できるデバイス。前モデルの「Slingbox PRO-HD」と比べて、サイズはW180×D110×H45mmとコンパクトになったのが特徴。加えて画質が向上したうえ、価格も下がっている。実勢価格1万9800円。テレビでも取り上げられているニューアイテム、さっそく物欲刺激度をチェックしてみよう

米Sling Media/イーフロンティア SLINGBOX 350◆自宅のHDDを占領する録画番組は移動中にスマホで楽しむべし!

「SLINGBOX 350」は、自宅のHDDレコーダーに接続し、インターネットに映像を橋渡ししてくれるデバイス。ユーザーはiPhoneやAndroidなどのスマホ、タブレット端末、PCなどを通じて、テレビ番組や録画番組、ケーブルテレビ、DVD/BDビデオなどを視聴できるのだ。

 通勤中に録画しておいた深夜番組を見たり、テレビのない風呂や寝室で視聴することもできる。海外出張時に、日本のテレビ番組をリアルタイムで再生できる点も心強い。一部のスマホなどに搭載されているワンセグと違って、地下でも室内でもネットさえつながれば再生できる。Wi-Fiはもちろん3G接続でも、高画質な映像を楽しめるのだ。

米Sling Media/イーフロンティア SLINGBOX 350

端子類は背面に配置されている。入出力ともにビデオ端子、ステレオ端子、D端子を備え、インターネットに接続する有線LAN端子もある

 テレビをネットで流すというと、昨年施行された改正著作権法が気になるところ。とはいえ、本製品ではDVDなどのコピーコントロールを回避しているわけではないし、自宅から自分だけへ送信しているので、問題ない。安心して利用できる。

 外出先から自宅のHDDレコーダーを操作するために、「赤外線リモコンLED」を搭載。PCなどの接続画面には、家で使っているのと同じリモコンが表示される。このリモコンをクリックすれば、自宅の本体からレコーダーに同じ信号が発信される。この仕組みを介することで、赤外線リモコンを採用する多くのレコーダーで相性を気にせず利用できるのだ。

 本体は、以前の横長タイプから設置面積61%ダウンのコンパクトな形状に変更。リモコンの発光端子が内蔵されるなど、スリムになっている。さらに、前モデルは1080iまでの対応だったが、1080pのフルHDをサポート。外出先で、高画質映像を楽しめるようになった。

 それでいて、価格は1万円ダウンの1万9800円と手頃。物欲刺激度は高い。セットアップがやや面倒なので、時間のあるときに購入してしまいそうだ。

■ITライター柳谷智宣の物欲刺激度 2.5/3

基本、テレビは見ないのだが、興味のある試合の趨勢だけは気になる

■ 編集担当Kの物欲刺激度 3/3

自宅のHDDレコーダーは未視聴のドラマやバラエティでいっぱいに。子供が見たいアニメを録画できないと、見ないまま妻に消される、の繰り返しだ。そんな状況を打破するために、本機の導入を検討中。これがあれば、移動中や編集部での原稿待ちの時間などに、HDDを占領している『相棒』の再放送を楽しめる

Sling Media インターネット映像配信システム Slingbox 350 SMSBX1H111

インターネットさえあれば、映像をいつでも、どこでも楽しめる




おすすめ記事