グラビア

注目美人を青田買い!? 青学のミスコンがスタート

青学ミスコン

イベント中、友人から声援がとぶと、緊張していた顔もゆるやかに

 各大学でおこなっている、ミスキャンパスコンテストの中でも、モデルや女子アナ、芸能人などをまんべんなく輩出しているのが、青山学院大学。  しかし、モデルや芸能人になってしまったら、それはもう雲の上の存在。それなら、まだ、彼女たちが普通の女子大生のうちに出逢っておけば、もしかしたら、のちのち世間の注目を浴びるようなコとも仲良くなれるかも!?  そこで重要なのは11月にグランプリが決まってしまう前に、ミスキャンパス候補たちに会っておくこと……ということで、ミス青学が今年初めて、他大にならって候補者お披露目イベントを開催、という噂を聞きつけ、意気揚々と会場へ!  7月1日、青学キャンパス内の150人ほどで埋まった会場の中には、「え、このコ観客?ミスの候補じゃないの?」というコがいっぱい。さすが青学。青山の街全体が求めるオシャレさと、女子大と違って男子がいるので、気が抜けない環境が、ますます女子たちをハイセンスに。視線が定まらないまま、青学女子たちを目で追っていると、候補者たちが登場! ●エントリーNo.1 中山柚希ちゃん(総合文化政策学部3年) ⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=469134 青学ミスコン「アナウンサーになりたいから出場しました!」と夢を公言できる柚希ちゃんは好感度大! ●エントリーNo.2 本谷育美ちゃん(法学部3年) ⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=469135 青学ミスコン「4ヶ月後には、他の候補者のコと同じくらい痩せなきゃ…」と、ちょっと自虐的な発言が、男に「そのままで大丈夫だよ!」と思わせる ●エントリーNo.3 西岡美咲ちゃん(経営学部3年) ⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=469223 青学ミスコン高校から青学だという美咲ちゃんは青学愛が強く、ミスキャンを通して青学のイメージをアップしたいとか ●エントリーNo.4 尾崎裕香ちゃん(文学部2年) ⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=469137 青学ミスコンきっかけは他薦だというが、「今までの学生生活になかった、誇れるものをつくりたい」とやる気大 ●エントリーNo.5 野見山友里ちゃん(文学部3年) ⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=469138 青学ミスコン「とりあえず、いい家庭が作れれば幸せ」などと控えめなコメントが目立った友里ちゃんは、逆に男は守ってあげたくなるタイプ ●エントリーNo.6 鈴木沙耶ちゃん(文学部2年) ⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=469227 青学ミスコン取材中も、納得がいかない答えをしたと感じると「もう1回答えていいですか?」などと、いい意味で積極的!  必死の自己紹介の途中でも、友達の声援があると、一瞬挨拶を止めてしまうあたりは、まだまだプロっぽくはない彼女たち。でも、その初々しさが、逆に魅力を増幅させる。  候補者は6人とも、それぞれルックスも性格もタイプが違っていて、まるでアイドルグループのようなバランスのとれ具合! 特に青学のミスコンは、候補者達が毎年仲が良いことで有名なので、どんどんと仲良くなっていく彼女たちの様子をアイドルグループのように見ていくのも、楽しみのひとつかも!?  本選は11月。まだまだあどけなさの残る彼女たちが、この4か月でどう大人の女性に成長していくのか、その変化の過程にも大注目だっ! <取材・文/霜田明寛>
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事