恋愛・結婚

「普通のおばさんは魅力に溢れている」イケメンAV男優一徹氏が断言

一徹

一徹氏

「美魔女」が持て囃されたり、「熟女AV」などが人気になっている昨今。ああした「年齢を感じさせない」女性や、「熟女といっても20代」などとは違う、リアルな「普通の中年女性」も、実は性的な面で自らの気持ちを持て余している。

 週刊SPA!7月9日発売号「40~50代オンナの性欲が爆発している!」では、そうした「普通の中年女性」の暴走気味でパワフルな性の実態を紹介している。

 一方、こうした性を謳歌する普通の中年女性の相手となる男性サイドからは、彼女たちの性欲を受け入れる、受け入れないで真っ二つに意見が分かれるようだ。

「受け入れる」派にとって、普通の中年女性の魅力とは何なのか? 女性向けAVメーカー「シルクラボ」専属のAV男優として女性からの圧倒的な支持を集める一徹さんは、「彼女たちの良さは癒しと、肌の質感です」と断言する。

「男性向けのAVなどで描かれるように、若いコにはない痴女的な激しいエロスが魅力と思われがちですが、むしろ年上に求めているのは、こんな僕の欲望でも受け入れてくれるっていう包容力なんです」

 となると、やはり中年女性の魅力は内面が中心で、性的な面では若いコに劣るのだろうか。

「そんなことないですよ! 中年の女性の肌の質感ってすごくいいんです。ハリやみずみずしさはないけど、しっとりして吸い付きがいい。その感じから、いろんな経験してきたんだろうなと思わされるのがいい。だから妊娠線もすごく好きで、つい舐めたくなる(笑)。出産の苦労が見えて、頑張った証としていとおしさを感じます」

 年を経て熟成された女体の魅力はこれだけにとどまらないという。

「あと、赤ちゃんに噛まれすぎてやわらかくなった乳首、いいですよ。陰毛に白髪が生えてるのも、可愛さを感じてたまらないんですよね」

 さらに一徹氏は、「ファンイベントにいらっしゃる40~50代の女性と握手して、その手でオナニーできますもん僕(笑)。あ、もちろんどの世代の女性も好きですけどね!」とまで言う。

 若い体がもぎたてのフルーツだとしたら、中年女性は漬け込まれた珍味といったところなのだろうか……。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

【一徹氏】
AV男優。女性向けAVメーカー「シルクラボ」専属の“エロメン”。『Face to Face』(シルクラボ)など出演作多数

週刊SPA!7/16号(7/9発売)

表紙の人/剛力彩芽

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事