デジタル

「綾鷹 人生ゲーム」で大物武将たちと絡んでみた

綾鷹人生ゲーム 急須でいれた緑茶の味わいを目指したコカ・コーラ社の緑茶ブランド「綾鷹」。実はこれ、450年の歴史を持つ氏宇治の老舗茶舗「上林春松本店(かんばやししゅんしょうほんてん)」の協力を得て開発されたのだとか。あのにごりのある急須でいれたような味わいは、上林春松本店の伝統の技である「合組(ごうぐみ)、綾鷹独自のにごりの製法、上林春松本店とコカ・コーラ社が製造に使用する茶葉の品質、味わいを最終確認する「茶葉認定式」といったこだわりによって実現されているのだ。

 この「綾鷹」が発売されるまでの道のりを体験できる綾鷹とタカラトミーがコラボした「綾鷹 人生ゲーム」が公式サイトにて遊べるようになった。

 当ゲームは、パソコンやスマートフォンで、無料で体験できるようになっている。ゲームの仕組みは誰もが遊んだことのある人生ゲームのルールそのもの。ルーレットを回し、出た数字の分だけコマを進めていく。止まったマスでさまざまなイベントが発生し、最終的にゴールに辿り着いたときにランキングされる。が、ひとつ注意。一度に回せるルーレットは3回まで。朝5時、夕方17時にリセットされ、1日に計6回、回すことができる。う~む、ちょっぴり物足りない気もするが、人生はショートカットなどできぬもの。このゲームで一歩ずつ歩んでみようではないか。

⇒【画像】プレイ画面はコチラ
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=478440


マスごとにさまざまなイベントが発生する

 ゲームの内容としては、プレイヤーは、茶師として宇治へと移り住むところからスタート。

 戦国時代から江戸時代にかけて、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康など歴史に名を残す武将や、千利休、古田織部といった茶人たちから重用され、一流の茶師を目指していく。全三章から成る物語。現在は一章のみ遊ぶことが可能で、9月に二章、11月に三章が公開される予定。宇治の老舗茶舗、上林春松本店が辿った450年の歴史と、急須でいれた緑茶の味わいを目指した「綾鷹」の開発、発売までの歴史を体験できる内容だ。

 ということで、第一章を一通り、プレイすることにしてみた。まずは、茶師として名をあげるのが目標だ! 名は「まいまい」、性別は女性。アカウントはいとも簡単に取れ、気が付けばルーレットを回していた! 1~10の数字があり、大きな数字が出たらガッツポーズ! だが、進めばいいってものじゃないのが人生ゲーム。最終的に小判の数で総資産を競うこのゲーム。マスによっては、大量の小判を入手したり、お宝アイテムとして茶畑、急須なども手に入る。また、イベントも発生し、織田信長、豊臣秀吉らに出会い、どんどん茶師として名を上げていく。こんな大物たちと関わってる(気分になる)「自分ってすげぇ」と歴女だったら泣いて喜ぶゲームである。

⇒【画像】プレイ画面はコチラ
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=478439


イベントは解説つきなので、学びながら楽しむことができる!

 ただし、人生とは右肩上がりとはいかぬもので、アイテム獲得もあれば、損失もある。位の降格だってある。秀吉から叱咤の書状を受け取ることもある。さまざまな武将たちとの交流を通じて、自分も茶師として成長していきながらゴールに近づいていくのです。ゲームをするのは朝起きて、そして家に帰ってから。ストーリーは壮大かつ健全。 急須でいれたような緑茶の味わいの綾鷹を楽しみながらスマホでポチポチ進める日々を過ごした。

 結果、第一章ゴール時点で、小判は940枚! しかしまだテストプレイの段階だったため、ランキングに参加できず。現在は絶賛、製品版プレイ中。

 なぜなら、総資産でランキング上位になったら、「綾鷹 人生ゲーム」にちなんだ素敵なプレゼントが贈呈されるそうなのだ! 道のりは険しいものの、ゴールへのモチベーションがあれば、何度だってチャレンジする。だいたい、毎日2回プレイして、10日ほどでゴールが可能。ゴールした後でも何度でもプレイできるので、それまでに第二章の公開を待つのもいいだろう。

 気が付けば、人生ゲームを進めているだけで、上林春松家の歴史を理解できてきた。これから先、コカ・コーラ社との出会いから、綾鷹誕生にいたるまでを辿ることができる。いつの間にか綾鷹に愛着が湧くようになるから不思議だ。最後に余談だが、記者が小学校のときに飼っていた犬の名前が奇しくも「アヤタカ」だったのだ。どうでもいいが運命を感じている。 <文/まいまい>

●「綾鷹 人生ゲーム」
URL/http://ayataka.jp/jinsei
対応機種/PC、スマートフォン
参加方法/ログインなしでのお試しプレイ(ランキング参加なし)、コカ・コーラ・パーク、Facebook、twitterのアカウントでログイン

(C)TOMY (C)1968,2013Hasbro.All Rights Reserved.
「人生ゲーム」は株式会社タカラトミーの登録商標です。




おすすめ記事