R-30

薄毛記者がヘッドスパ式AGA治療を体験してみた

薄毛

ひとくちにAGAといっても個人差がある。医師がひとりひとりの悩み、症状についてカウンセリングを行い、患者にあった治療内容を提案してくれる

 ヘッドスパといえば、洗髪、マッサージ、ヘアケアを含めた頭皮・髪の総合リラクゼーション。しかし、成人男性の多くが悩みを抱える“薄毛”対策としては、それほど劇的な効果が見込めるものではなく、抜け毛防止程度の印象しかなかった。

 三十代もいよいよ後半戦に差し掛かった記者にとって、頭髪問題はナイーブなお悩み。「気持ちいいことが大好き」とはいえ、いつまでも衝動買いをするような快楽ばかりを求めていていいのか? そんな疑念に苛まれていると、美容皮膚科治療の専門医が実施する「Dr.ヘッドスパ」なるものがあるという情報をキャッチ。早速、現地へと向かってみた。

 訪れたのは「アヴェニュー表参道クリニック」。受付を済ませて問診票に記入しつつ、当山副院長のカウンセリングが始まる。頭頂部を見ながら、「なるほど、初期のAGAが始まっていますね」とのこと。

 AGAとは「男性型脱毛症」のこと。専門医から率直に言われると、やはりヘコむものだ。「そろそろ植毛……いや、そんなカネはないしなぁ」などと思いつつ肩を落とす記者を見て、当山医師はこう断言する。

「多くの人が誤解しているのですが、AGAは適切な処置を定期的に続けていれば、必ず進行は止まる……というよりもむしろ、増やすことだって可能なんです。初期の症状であれば特にそう。新築戸建てだって放置していればすぐにガタがくるけど、毎年メンテナンスを続けていれば、20年も30年も頑丈なまま。それと同じで、『額が後退し始めたな』って感じ始めた頃にやれば、10年後にはまるで違う未来の自分がいるはずです」

「善は急げ」というわけで、早速、同クリニックで行っている「Dr.ヘッドスパ」を試してみることに。エステやサロンでは使用できない発毛の有効成分・ミノキシジルを高濃度で使用できるのが、気持ちいいだけのヘッドスパとは大きく異なる特徴だ。

 リクライニングベッドの上に仰向けになり、早速、ミノキシジルの高圧ジェットミストが頭皮全体にまんべんなく噴射される。毛穴への直接的な刺激が心地よく、ジェットミストの噴射が終われば、さらに高濃度のミノキシジルを、手作業で毛穴に注入していく。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=500887

 頭皮全体への散布が終わると、約40度のミストスチーマーをかけて、浸透力を高める。ジュクジュクとした液体が頭髪の隅々までしみわたっていくのを感じていると、冷寒地の針葉樹林が熱帯雨林のジャングルに変貌を遂げたように、髪が生気を取り戻していくのを実感する。まさに頭髪の地殻変動。あまりの気持ち良さに何度か浅い眠りに落ちたが、夢で見た光景は、豊潤な南仏の大地に咲き乱れるオリーブ畑であった。

 30分間の施術終了後は眠気スッキリ。髪に手をやれば、なんだかボリュームがアップしたようにも感じられる。リラクゼーションと本格的な育毛治療を併せ持つ「Dr.ヘッドスパ」。月イチ程度の利用と内服薬の継続で、さらに確実な効果が期待できるという。「注射針を使った治療にはちょっと抵抗が……」なんて人にはオススメだ。 <取材・文/日刊SPA!取材班 撮影/石川真魚>

薄毛●アヴェニュー表参道クリニック
(http://www.a6-clinic.com)
住所:港区南青山3-18-16 ル・ボワビル4F
TEL 0120-365-558
診療時間11時~14時/15時~20時
「アヴェニュー式 Dr.ヘッドスパ」の料金は1万8900円




おすすめ記事