古墳にはいろんな楽しみ方がある!【対談】まりこふん×ウルフルケイスケ

古墳,対談

天河別神社古墳群(徳島県鳴門市)を訪れたウルフルケイスケさん

 最近、急激に古墳人気が高まっている。今年8月に実施されたキトラ古墳(奈良県明日香村)石室の一般公開には約1万6000人の応募が殺到。特に30~40代女性の愛好者が増えているという。その公開の模様を始め、古墳ブームの関連する現象については週刊SPA!9月3日発売号『[古墳ブーム元年]大検証』で紹介した通り。

 日刊SPA!では、古墳をカジュアルに楽しむべく設立された「古墳にコーフン協会」(http://kofun.jp/)の会長である“古墳シンガー”まりこふんさん(http://marikofun.cocolog-nifty.com/)と、名誉会員であるウルフルケイスケさん(http://www.ulfulkeisuke.com/)に、古墳の魅力について語っていただいた。

※【前編】はこちら⇒http://nikkan-spa.jp/500875

ケイスケ:その後、まりこふんちゃんから「古墳にコーフンナイト」(http://www.ustream.tv/recorded/32944011?rmalang=ja_JP)(まりこふんさんが開催する古墳イベント)で「ギターを弾いて」って、お誘いがあってね。

まりこふん:ケイスケさんに弾いていただいた曲は「箸墓古墳の歌~卑弥★ShiningStar~」という曲なんですけど、その曲は「箸墓古墳ってなんて可愛いんだろう! 卑弥呼の墓だったらいいけど、結局は誰の墓でも構わない。どっちにしろ可愛いから、みんなで大事にしようね」みたいな曲です(笑)。

ケイスケ:あの日はおもろかったな! あんなにいろんな古墳の楽しみ方があるんやなって。特に古墳にコーフン協会の理事長の動画がおもろかったな!

まりこふん:あ! あの電車の車窓から撮ってたやつですね!

ケイスケ:そう! 電車から外見てて段々古墳が見えてきて「キターーー!!」って大コーフンしているのがおもろかった(笑)!

まりこふん:あの日奈良のフルコト(http://www.furukoto.org/)の古墳クッションを皆で持って撮影しましたよね!

ケイスケ:古墳クッション(笑)! こんなんまであるんやなぁとビックリした!

まりこふん:今後、行ってみたい古墳ってありますか?

ケイスケ:なんやっけ、サイケな、色彩が綺麗な……。

まりこふん:装飾古墳!

ケイスケ:あれ、行ってみたいねぇ。石室に模様や絵が描いてあって、物凄い綺麗やもんねぇ。サイケ! みたいな(笑)。あの時代の人たちって、センスいいねぇ。

まりこふん:ホントですよね! 特に九州の装飾古墳は熱いですよ~!私もまだまだ見られてない古墳がたくさんあるので。なんせ全国に約16万基ありますからね。生きてるうちに全部の古墳を巡るって至難の業ですよ。コンビニより多いんですから! 私、計算したんですよ。自分が80歳まで生きるとして、一日何基行ったら制覇できるんだろう? って。そしたら毎日10基行かないと無理だって分かって、これはかなり大変だなぁと。

ケイスケ:僕はミーハーなんで、「古墳はカッコいい」と思うよね。フォルムもやし。

まりこふん:なんか、基地っぽくないですか? 宇宙基地っていうか、あそこが開いてロケットが飛び立つみたいな(笑)。私も古墳にミーハーなので「かわいい」って思います! とくにクビレにはシビレます! クビレには古墳を作った人たちのこだわりが詰まってますよ! ところで、ケイスケさんが「アイツ、実は“古墳好き”になる素質があるんじゃないか?」と思い当たる方、芸能界にいらっしゃいますか? 歴史好きな人だったら、もしかしたら。城好きのお友達とか、いらっしゃらないんですか?

ケイスケ:ピエール、ピエール(瀧)! 番組(『ピエール瀧のしょんないTV』)で城のこととかも扱ってるし。

まりこふん:あと、タモリさんとかも好きそうですよねぇ! どんどん皆さんに古墳に行ってほしいです。古墳に行って、悪いことはないですからね。

ケイスケ:ない、ない! 森林浴じゃなく、“古墳浴”。気持ちいいよねぇ。

まりこふん:建造物が気持ちいいって凄い(笑)! 人の想いで1500年間残ってきた古墳をこの先も残していきたいなって思うんです。1000年前の人も500年前の人も残そうと思ったから、こうして私たちは古代に触れることができるんですもん。

ケイスケ:ツアーの合間にもっと古墳にも行ってみようかな。

まりこふん:それって最古~ですね!!

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

「秋は古墳の季節」とまりこふんさんは言う。虫も減って、紅葉も綺麗だし古墳巡りには最適だということらしい。秋の行楽で古墳巡りに行って、古代に思いを馳せてみるのはいかがだろうか?

※まりこふんさんは11月に「古事記×古墳ナイト~cojifun~」を開催予定。また、ウルフルケイスケさんも参加の1stアルバム「古墳deコ~フン」を来年頭に発売予定。

※ウルフルケイスケさんは「MAGICAL CHAINひとりSPECIAL~2013秋~」と題して全国9か所をひとりでツアーしている真っ最中。ツアー先の古墳に行ったらケイスケさんに会えるかも!?

<取材・文/寺西ジャジューカ>

週刊SPA!9/10号(9/3発売)

表紙の人/吉木りさ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事