恋愛・結婚

困り眉毛&服装がちょいダサめの女子はオトしやすい

 男には「どんな女でもいいからとにかくSEXしたい」と思うときがある。では、その逆はどうだろう? 20~30代の女性50人に聞き込み取材を行ったところ、実に86%が「どんな男でもいいからSEXしたくなるとき」は「ある」と回答!

 女たちのナマの声をもとに「どんな男でもいいからSEXしたがってる女」を代表的な4タイプに分類。今回は、「若いうちに(SEX)経験値を稼ぎたい。彼氏とほかの男を比較してみたい」という願望がある「経験値稼ぎ型」の見分け方を解説。そんな女を見つけたら、ちょっと飲みに誘って軽く口説く……それだけで「棚ボタ」的にヤレるというわけだ。労少なくして実り多い、革命的SEX指南をご堪能あれ!

女の生態,ナンパ,性生活【経験値稼ぎ型】

<遭遇率★★★★☆ 棚ボタ度★★★★☆>

<外見>

●まつげモリモリ。グロスこってり。困り眉毛(渡辺麻友)、涙袋メイク(板野友美)など、モテテクフル稼働。

●若さにまかせて、出せるものは全部出す主義。おっぱいに自信があれば胸を露出、脚に自信があればミニスカで勝負!

●とはいえ、自分を客観視できていないので、全体的なルックスはちょっとダサめ。

<行動>

●好きな男性タレントとして「関ジャニの錦戸」など、ちょっと女グセが悪そうなメンツを挙げることが多い(そのほうが経験値が高そうだから)。しかし、実際の彼氏は草食系マジメ君だったりする。

●SNSの書き込みでは「連れていってもらった」「オマケしてもらった」「誘われた」などなど、「頼んでもいないのに惜しみなく与えられたジマン」が目立つ。つまり「何かを与えてくれる男」に弱い。

●飲み会にはマメに出席し、男友達の家にもカジュアルに遊びにいく。

<SEX待ちサイン>

 溢れんばかりの性欲をピュアな衣で覆い隠すために「白い服」の出番が増えるのが最初のサイン。夏場はシルクやシフォンなど「透け感」のある素材が決め手だ(冬場はフワフワしたセーター)。

 ロックオンした相手には、ひたすら「アイコンタクト」と「ボディタッチ」攻撃。

「じーっと見つめて、向こうから話しかけてくれるのを待つ。相手も目を合わせてくれたらヤレると確信」(24歳・販売員)。「面白い話をしたときに、肩を叩くノリで相手に触れる。でも叩かずに、手は置いたまま」(23歳・サービス業)。

⇒「経験値稼ぎ型」女子の攻略法はこちら http://nikkan-spa.jp/508579

― その女のサインを見抜くだけ![棚ボタSEX]革命【2】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事