エンタメ

SKE48高柳明音「個性がないと悩んでた時期があった」公開録音で本音をポロリ

SKE48

公開録音に参加した3人。左から市野成美、高柳明音、江籠裕奈

 3月18日にサンシャイン60展望台にて、TOKYO FM ラジオ番組『高柳明音(SKE48)の暗黙の了解 supported by サンシャインシティ』の公開収録が行われた。

 今回の公開録音では、通称「えごなる」こと江籠裕奈と市野成美の中学2年生コンビが参加。市野は「暗黙の了解」の意味がそもそもよくわかってなかったようで、「誰かから質問がきて、真っ暗闇の中で『ハイ』って答えることかと思った」と天然発言。これに「それは暗室の尋問だろう」と高柳が突っ込みファンを笑わせる。

 ほかにも公開録音では萌えゼリフを言ってみたり、3月29日に誕生日を迎える江籠裕奈を祝福する和やかな演出や、高柳が「ラップを趣味にしたい」と発言し笑いを誘うなど終止いろんな意味での笑いが絶えないイベントとなった。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=608398

 そんななかでも、SPA!が気になったのはそれぞれの名前にちなんだ「エゴイストなところ」、「ナルシストなところ」、「ちゅりっぽいところ」の話で、高柳が「『ちゅりっぽいところ』って何?」と動揺。本人いわく、個性がないことに悩んだ時期があるだけに“ちゅりっぽさ”というのが何なのかわからないとのこと。ファンは「え~」と反応し、無個性ではないとエールを送っていたが、SPA!なりに彼女の個性を考えてみた。結果、やはり高柳の魅力といえばその変な、もとい愛くるしい行動ではないかとの答えにたどり着いた。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=608399

 もはやファンのなかでは暗黙の了解なのかもしれないが、今後も彼女が愛くるしい活躍を続けていくことを期待したい。 <取材・文・撮影/ヤスオ>

ハッシュタグ




おすすめ記事