恋愛・結婚

世界遺産での野外オナニーにハマるOL「背徳感が最高」

大崎さん

オナニーで果てた瞬間、「世界遺産に興味がなくなる」と大崎さん

切れ長の瞳が印象的な大崎理恵さん(仮名・29歳・OL)は、世界遺産での野外オナニーにハマっている。

22歳のときに「いろんな場所でヤリまくりたい」という妄想がひどくなり、海外国内問わず、旅行先でヤるようになった。

「印象に残っているのはトルコのパムッカレかな。石灰棚に温泉が湧き出ている有名な世界遺産なんですけど、観光客が多くて……。その奥の教会跡でのオナニーは気持ちよかった。『見つかったら大変なことになるぞ』なんて背徳感が最高。オナニーできない時はおしっこやウンチをします(笑)」

これまで自慰行為に及んだスポットは、フランスのモンサンミッチェルの中庭、アルルの円形競技場の4階の廊下、シアトルの国立公園のベンチ……以下略。けしからん話であることに間違いないが、「観光地オナニーを成功させるにはポイントがあるんです」とも。

「まずは死角。見つかりそうで見つからない絶妙な場所を探します。それから服装はスカートがベストですね。ジーパンしか残っていない場合は長めのトップスをあらかじめ着て、怪しげな手の動きをカムフラージュします」

名付けて、世界遺産オナニー。「犬がマーキングをする感覚に近い」と嘯いているが、公然わいせつで国際問題化する危険性も……。

9/27発売の週刊SPA!「女のオナニーが進化しすぎてエライことに!!」では、この世界遺産オナニーのほか、自作エロ玩具、パワーストーン瞑想オナニー、ノーハンドオナニーほかにハマる女性を紹介している。

取材・文・撮影/週刊SPA!編集部

週刊SPA!10/4号(9/27発売)
表紙の人/ローラ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事