エンタメ

ガンダム35周年を祝うカバーアルバムをあの歌姫が熱唱

 東京・お台場にあるダイバーシティに屹立する、実物大ガンダム。

 そのすぐ下にあるダイバーシティ東京プラザフェスティバル広場で白と青の“ガンダムカラー”を身にまとい、歴代のガンダムテーマソングを熱唱する女性の姿があった。歌手の玉置成実だ。

玉置成実 2003年に『機動戦士ガンダムSEED』第3期OPテーマ「Believe」でメジャーデビューし、これまで計4曲の主題歌を担当してきた玉置。そんな彼女が6月25日、歴代ガンダムシリーズのテーマ曲や挿入歌をカバーした「NT GUNDAM COVER」を発表し、そのお披露目にミニライブを開催したのだ。

 バックダンサーを従え、ノリノリで往年のガンダムソングを歌い上げては会場を盛り上げた玉置成実に、話を聞くことができた。

――「どうしてもガンダムがあるこの場所で歌いたかった」とMCで話していましたが、実際に実物大ガンダムの下にあるステージで歌った気分は?

玉置:今回の作品を担当させて頂くと決まってから、絶対イベントはあそこでやりたい!と思っていました。

実際等身大ガンダムを目の前にして歌ってみて、不思議と自分のデビュー当時がフラッシュバックしたり、担当させて頂いた主題歌の当時をそれぞれ思い出しました。

さらに雨予報だったのが、ライブ中にどんどんガンダム越しに青空が見えてきて、そこにも何か運命を感じました!

――衣装はガンダムのモビルスーツみたいですね。

玉置:元々ガンダム関連のイベントに出演させて頂いた時に、作って頂いた衣装だったのですが、今回の作品と相性がぴったりなので着ました!

丈や形にもこだわって作って頂いてるのでお気に入りです!

――数あるガンダムシリーズをカバーされたわけですが、玉置さんが今こそ見返したいシリーズって何ですか?

玉置:ファーストから見返したいですね。

作品順ではなくて、ガンダムの中の時系列順で。今回のアルバムが作品順ではなくて時系列順に曲を並べてるので、それもふまえて。

――今回のカバーアルバムの聞き所を教えてください。

玉置:一度全ての主題歌、挿入歌を聞き直し、選曲させていただきました。

コンピレーションではなく、個人のアルバムとしてリリースさせて頂くということで、アレンジも玉置成実らしいアレンジをして頂いてます。

ダンサブルとROCKの融合というサウンドも聴き込んで頂きたいですし、ヴォーカルも曲によって声色、歌い方を変えて歌っていますので、是非じっくり聴いて下さい!

 玉置が話す通り、疾走感溢れるロックテイストの曲やボカロ調のアレンジが施された曲もあり、多彩な魅力が詰まった仕上がりになっている。

 一部ダイジェスト版は、ここから視聴することも可能だ。

⇒【動画】http://www.youtube.com/watch?v=Mc0ngjwKH7E

 気になる人は是非、手にとっていただきたい。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

NT GUNDAM COVER

“ガンダム歌姫”玉置成実による、歴代ガンダムシリーズの名曲をカヴァしたアルバム




おすすめ記事