世界一周、美女インタビュー【後編】「シャイな日本人男性に萌えます」

← 前編(マカオ、スリランカ、ケニア)

アジア最大規模の観光イベント「JATA旅博2011」が10月1日、2日に東京ビックサイトで開催され、11.7万人が来場した。今年のテーマは、「旅は世界を元気にする」。季節の変わり目で疲弊したSPA!取材班も「海外美女を見て元気になりたい!」と、世界各国の美女を求めて世界一周の旅へ。広い会場内で見つけた各国の美女に、その国の魅力や日本人男性のイメージや好きな男性のタイプを聞いた。

◆バルト海の長身金髪美女

エストニア、ラトビア、リトアニアのバルト三国のブース。そこにいたのは、ラトビア出身のLASMAさん。


――ラトビアの魅力は?

森林や数千を超える湖、海岸の白い砂等の自然がとても美しく豊かで、写真をとるのも楽しいところです。

――日本人男性の印象は?

背が低いです。私はとても背が高いので、日本人男性で十分に背が高い人を見つけるのは難しいです。

確かに、日本人男性は背が低い……。


◆日本人はかっこいい! ショートカットが魅力のポーランド美女

日本に来たばかりのmagdaさん。今後1年半は日本に滞在するという。


――ポーランドの魅力は?

ポーランド王国の古都クラクフ出身なのですが、そこの中央広場がとてもキレイです。買い物をしたり散歩したりしてよく友達と遊びます。

――日本人男性の印象は?

ポーランド人とくらべて顔は日本人の方が好みですね。背は低いのですが、あまり気になりません。

身長は必ずしもハンディキャップにはならないということか。


◆マチュピチュだけじゃない! 情熱的な踊りを魅せるペルー美女

生まれつき血管中にリズムが流れてるのではないかと思われるほど、老若男女多くの人が踊りを好むトルヒーヨの人々。元気に観光案内をしつつ笑顔が一際目立っていたのはTamaraさん。


――ペルーの魅力は?

カップルなら世界遺産でもあるチャンチャン遺跡で夕日を眺めるのがいいですね。あと、ペルーは食べ物がおいしくて、魚介類のマリネのセビチェや柔らかいクッキーのようなアルファホルというお菓子や、紫トウモロコシなどがあります。

――日本人男性の印象は?

日本人男性は情熱が足りませんね。ペルーの公園では昼間からカップルがいちゃいちゃしてますよ。でも、恥ずかしがり屋でシャイなところが可愛いです。褒めると、照れちゃうんですよ。ペルーの男性にはないので萌えます。

踊りの衣装をバシっと広げて、素敵にポーズを決めてくれた。

中国からペルーまで、世界一周気分を存分に味わえるイベント「JATA旅博」。来年は9/22・23に開催が予定されているそうだ。どの国の美女も本当に楽しそうに国の魅力について語ってくれ、リアル「世界一周美女巡りの旅」に出たくなった取材班だった。


取材・文・撮影/日刊SPA!取材班

ハッシュタグ




おすすめ記事