恋愛・結婚

OVER40男が心がけたい貯蓄と投資戦略とは!?

◆年の差婚に必要なのは将来の変化に対応する“生きた財力”

 不安定な時代ほど、女たちが求めているのは「生命力の強いオス」。不透明な経済状況にも柔軟に対応できる人生経験と知力を備えた男ならば、たとえ40代だって20代女子と結婚することが可能だ。ただし、現実的には、20年、30年先も考えておくことが20代女子と結婚するうえで重要。デフレの状態にアグラをかいていては、彼女たちを幸せにできないのだ。

「普通に仕事に打ち込んできた40代の男性ならば、かつてほどではないにせよ、経済的な余裕は十分あるはずです。けれどもあと20年足らずしか働くことのできない人が大多数。20代の女性と結婚を望むならば、今から投資の勉強を始めておくのがオススメです」

 そう提言してくれたのは、経済アナリストの田嶋智太郎氏。

「最近、40年間続いてきた円高が終わる兆しが表れています。円安になるということは、今持っている預貯金の価値が、どんどん下がっていくということ。世界全体が変革期を迎えているだけでなく、高齢化や年金問題、介護や社会保障の財源問題など、日本固有の問題も山積しています。このままでは、ギリシャのように国自体がつぶれかねない。国債の価値が下がれば金利が上がり、円の価値が下がるという状況に陥ります。投資をしなければ、資産が目減りするリスクが高まっているんです」

◆投資に備えて行動すれば人間力も培われて財力だってついてくる

 だからこそ、手持ちのお金をリスクにさらす覚悟が必要になる。

「将来1ドル200円から300円時代がくる、という可能性を想像してみましょう。すると、モノの価格の上昇に追いつくことが期待できるものに、お金の一部を投資する必要性に気づくはずです」

 投資の可能性はさまざま。オススメは円安に備えて外貨を購入しておく、インフレ対策として目覚ましい発展を遂げている新興国に投資をする、の2つだという。

「いざお金をリスクにさらそうと決めると、どの国を選ぶのか、投資するのは通貨なのか国債なのか、あるいは株なのか、いろいろ調べることになるはずです。すると情報に敏感になって知識も身に付きますから、人間力がアップする。今からイケメンにはなれないですが(笑)、投資をすれば、知性と財力は磨けます」

 金融商品を選ぶための情報収集能力、価値の変動に対する管理能力などが、内側から魅力となってにじみ出てくるのだ。居酒屋で話す内容だってレベルアップする。サッカーの試合の話をしつつ、経済の話題もできるようになれば、20代の女子にとって有力なチャームになるに違いない。

「私が注目しているのは、安定的な成長を見せているうえに、ワールドカップやオリンピックの開催を控えているブラジル。インフラも整備されてますます国が発展します。ブラジルレアルは、必ず高くなると思いますね。ですからブラジル国債やブラジルの不動産、株式など株価指数に連動する金融商品にも、目を向けてみては」


田嶋智太郎氏【経済アナリスト 田嶋智太郎氏】
経済アナリスト、アルフィナンツ代表。慶応義塾大学を卒業後、現三菱UFJモルガン・スタンレー証券勤務を経て転身。主に金融・経済全般から戦略的な企業や個人資産の形成、資産運用までを分析・研究している。『硬派の戦略投資』(角川SSC)ほか著書多数

撮影/田辺エリ 青山由佳 取材・文/萩原はるな 朝井麻由美 青山由佳 奈良岡崇子(本誌)
― 新事実 20代女子がOVER40男と結婚したがっている!【8】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事