ライフ

我が子を東大に入れたい親が読む本!?

右・『東大2012 インサイド東大』 左・『科研費獲得の方法とコツ』

右・『東大2012 インサイド東大』は東大新聞社の学生スタッフが毎年作制。左・『科研費獲得の方法とコツ』は研究者の多い本郷ならでは

“東京大学の中にある本屋さん”である東大生協書籍部では、いったいどんな本が売れているのか?  まずは教養課程の1~2年生が通う駒場キャンパス。 「1位は講義で使う教科書。5位も試験対策として買う学生さんが多かったですね。ランク外では『思考の整理学』(外山滋比古)がロングセラー、『リトル・ピープルの時代』(宇野常寛)も売れてます」  さすが東大生、真面目な本が多いと思わせつつ、何気に10位にラノベが入ってるのはご愛敬か。  続いて専門課程の3~4年生が通う本郷キャンパス。 「1位は若手の著者による本で、法科大学院生に売れていますね。院生同士の口コミで広がって人気が出ました。『東大2012』は現役東大生が作る年度版の本で、東大の情報を知る一冊としてよく売れています」  東大生が東大の情報を知ってどうすんだ?という気もするが、それより我が子を東大に入れたい親とかが買ってるのかも!? 【駒場キャンパス】 1位:『Campus wide』(東京大学出版会) 2位:『思想地図B Vol.2』(東浩紀ほか/コンテクチュアズ) 3位:『ソニア・ドローネー 服飾芸術の誕生』(朝倉三枝/ブリュッケ) 4位:『神様のカルテ』(夏川草介/小学館) 5位:『演習力学』(今井功/サイエンス社) 6位:『東大2012 インサイド東大』(東京大学新聞社) 7位:『別冊図書館戦争II』(有川浩/角川文庫) 8位:『Horizonte』(東京大学出版会) 9位:『大学とは何か』(吉見俊哉/岩波新書) 10位:『新約とある魔術の禁書目録2』(鎌池和馬/アスキー・メディアワークス) ※コミックを除いたランキング。『ワンピース』『進撃の巨人』などは東大でも売れている 【本郷キャンパス】 1位:『憲法の急所』(木村草太/羽鳥書店) 2位:『東大2012 インサイド東大』(東京大学新聞社) 3位:『科研費獲得の方法とコツ』(児島将康/羊土社) 4位:『官僚の責任』(古賀茂明/PHP新書) 5位:『ローマ人の物語 43』(塩野七生/新潮文庫) 6位:『米国製エリートは本当にすごいのか?』(佐々木紀彦/東洋経済新報社) 7位:『別冊図書館戦争II』(有川浩/角川文庫) 8位:『宇宙は本当にひとつなのか』(村山斉/講談社) 9位:『超巨大地震に迫る』(大木聖子・綾纈一起/NHK出版新書) 10位:『大学とは何か』(吉見俊哉/岩波新書) ※エリート臭漂うラインナップだが、ここに割り込む塩野七生と有川浩、恐るべし!? ― [意外な(局地的)ベストセラー本]大調査【5】 ―
リトル・ピープルの時代

震災後の想像力はこの本からはじまる

Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事