38個のセンサーで汚れキャッチ! 日本の大手家電メーカーがお掃除ロボット界に再参入

スマーボv【スマーボ】東芝

日本の大手家電メーカーのお掃除ロボット再参入は、これからの市場規模が拡大するであろう予感十分。

多彩な掃除モードに、一回の掃除あたり2円というスペックはエコ。節電にも貢献だ。集塵ボックスも水洗い可能だ。

スマーボ 東芝

2つのCPUと、38のセンサーで部屋中をキッチリ掃除する。多彩な掃除モードにも対応。一度の充電で100m2までフォロー



ハッシュタグ




おすすめ記事