大喜利ガチンコ対決「ダイナマイト関西」成功の理由は?【後編】

DVD『ダイナマイト関西2014』

 読者の皆さんは、「ダイナマイト関西」というお笑いイベントをご存じだろうか? お笑いコンビ・バッファロー吾郎の2人が「ゴチャゴチャ言わんと、誰が一番おもろいんか決めたらええんや」というコンセプトのもとに立ち上げた興業で、実は今年で15年目になる。最初こそは100人ほどの規模のライブハウスから始まったが、年を重ねるごとに規模が拡大しているのだ。

 気になるその内容は、ずばり「大喜利」である。出場者は1対1でステージに立ち、お題に回答。制限時間内に面白い回答をしたほうは、相手のライフポイントを削ることでき、全54ポイントがゼロになったら負け。また、制限時間が終了したら多くポイントを残すほうが勝ち上がる。

 今年の2014年大会はグループリーグ予選と決勝トーナメントに分かれて行われ、全16人の参加者(芸人だけじゃなく各分野の面白人間が参加している)から、勝ち残った8人が8月に浅草公会堂で行われた決勝に臨んだ。

【決勝トーナメントの参加者】
●バッファロー吾郎 竹若元博
●伊藤修子(女優)
●ずん 飯尾和樹
●R藤本
●オードリー 若林正恭
●キングオブコメディ 高橋健一
●ケンドーコバヤシ
●ピース 又吉直樹

 そんな“ガチンコ大喜利バトル”が人気を呼び、今月には大会の模様を収録したDVDも発売された。なぜ「ダイナマイト関西」はここまで人気になれたのか?オーガナイザーを務めるバッファロー吾郎の2人に話を聞いた。

⇒【前編】はコチラ

――プロデューサーの吾郎Aさんは、改めて2014年大会を振り返って、印象に残った方は?

バッファロー吾郎A

バッファロー吾郎A

A:なかなか一人に絞るのは難しいのですが……あえて言うならコバ(ケンドーコバヤシ)ですかね。やっぱり前回王者の風格というか、コメント一つひとつが印象的なんですよ。僕は格闘技が好きなんでなおさらそう思うのかもしれませんが、「俺が勝ったら客が楽になる」とか、もう、王者のコメントなんですよね。それによって「コイツを誰が倒すねん?」「いやもしかしたらまたコバが優勝するのか?」とか、大会の図式が見えてくる。ある意味、裏方としてはすごくいいコメントを言ってくれるヤツです(笑)。

――今後も大喜利イベントの草分けとして続いていくと思うのですが、将来「最強の刺客になるだろう」と思うような人っていますか?

竹若:僕はやっぱりミュージシャン系の人ですかね。やっぱり独特の世界を持っている人が多いですし、すごい才能を持った人がいる気がするんですよ。チラッと聞いたのですが、岡村靖幸さんが興味持っていただけているらしいんです。表現者として凄い方ですし、言葉のセンスの塊ですから、もし出てたいただけたならかなり面白いんじゃないかと。

A:僕が思うのは、世の中には影武者というか、裏方で文書を書いている人っているじゃないですか。例えば、政治家の国会スピーチのペーパー書いている人とか。この人が面白いかどうかは未知数ですが、そいう“ゴッツイ人”に出てきてほしいなと。

――となると、官僚とかですかね(笑)

A:そう(笑)。ものすごい気転ききそうじゃないですか。なので是非、そういう“ホンマモン”の人に出てきてほしいです。コレは格闘技でいったら「お前それ、コマンドサンボやないか!」って、対戦相手が震え上がるくらいのガチさですからね。

――では、一般募集で参加者を募ることもあるんですか?

A:実は過去にやったことがあるんですよ。でもね……、本当にごく普通の一般の方と対戦しても、こっち(芸人)にはなんのメリットもないんです(笑)! だって、勝って当たり前だし負けたら赤っ恥という、リスク高すぎなシチュエーションですから。

竹若:しかも、たまに一般の方のラッキーパンチでプロが沈むこともあり得るんです(笑)。「ゴチャゴチャ言わんと、誰が一番おもろいんか決めたらええんや」って謳っているからには一度はやっとかないといけなかったのですが、でも大喜利って、なぜか会場が一瞬でその人のモノになったりするんですよ。コレは本当に大喜利特有の恐ろしさですね。

<取材・文/日刊SPA!取材班 撮影/山本宏樹>

ダイナマイト関西2014

「ゴチャゴチャ言わんと誰が一番おもろいんか決めたらええんや」がコンセプト




おすすめ記事